ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機・エンルートが産業用ドローン分野での業務提携に向けた検討を開始

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:瀧川正靖)は、 産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始したと発表した。


 エンルートとヤマハの両社は8月を目途に業務提携契約を締結、 各々の製品や事業ノウハウを活用し、
1)農薬等の散布ドローンをはじめとした産業用ドローン事業のグローバル展開
2)精密農業※、 各種インフラ点検、 測量、 環境対策、 災害対応、 運輸、 漁業などドローンを
利用した新規市場開拓での協業を目指すことになる。

物件投下・危険物の輸送の対象機体として日本初の認定を受けたZion AC940D

  ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売、 現在、 国内における防除散布面積は、 主食用米水田の42.5%(2016年実績、 ヤマハ調べ)に及ぶ。 また農業用途での活躍の場は、 韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。 農業用途以外では、 長距離自動航行が可能なマルチソリューション用の産業用無人ヘリが、 植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、 一般企業等に向け高度なサービスを提供している。 さらに2018年には、 これまで培ってきた空力・制御技術、 安全面でのノウハウを生かしたマルチローター型の散布ドローン発売を予定している。

 エンルートは産業用のマルチローター型ドローンを他社に先駆けて開発・販売している。 農業用分野のマルチローター型ドローンでは日本で初めて農林水産航空協会による性能確認基準の適合を受けており、 累計500台を販売(2017年3月末現在)している。 このほか、 災害現場の初動状況把握、 インフラ点検や測量の省力・高能率化、 物流実験など幅広い産業分野で官公庁等に向けたプロ用ドローンを開発、 納入している。
 エンルートが販売する農業用ドローンAC940-Dは、 国土交通省の「資料の一部を省略することが出来る無人航空機 」の物件投下・危険物の輸送の対象機体として日本初の認定を取得している。

この記事のライター

関連するキーワード


エンルート ヤマハ

関連する投稿


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

 スカパーJSATは8日、子株式の衛星ネットワーク(SNET) が、TSトラッキングUASを標準搭載した空中写真測量専用ドローン「enRoute QC730-TS」の発売を発表した。SNETの子会社である産業ドローンメーカー、エンルート(埼玉県)が開発、製造した。標定点不要で測量できる世界初のシステムという。


埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

 産業用ドローン事業を手掛ける株式会社エンルート(埼玉県朝霞市)は8月25日、埼玉県の上田清司知事の訪問を受けた。これは上田知事が県内の企業を訪問して、経営者や企業関係者と直接、意見交換をする「とことん訪問」の一環で、上田知事はドローンのフライトを視察したり、取り組みや市場環境についての説明を受けたりした。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(2)

2014年に、農家からの問い合わせに応える形で誕生したエンルート社の農業用ドローンZion AC940-D。機体の設計や開発は順調に進んだが、農家へ普及させるためには、越えなければならない制度の壁があった。その取り組みの経緯について、開発に携わってきた同社技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


最新の投稿


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

10月21日。「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)が、オープニングイベントを開催。DJIからも応援のスタッフが駆けつけ、受付や抽選会に展示ドローンの説明をサポート。雨の中、近隣や遠方からも多くのドローン愛好家が参加した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。