【第3回 国際ドローン展2017】レポートその1

【第3回 国際ドローン展2017】レポートその1

第3回国際ドローン展が千葉市の幕張メッセで19日、開幕し、「ドローン活用元年」にふさわしく産業用ドローンが目立つ展示が多かった。会場内で注目したドローンやソリューションを紹介する。


中山間地の農薬散布に自信の「丸山のスカイマスター」

 農薬散布用品、車両そしてドローンを制作、販売する株式会社丸山製作所(東京都千代田区)では、最大積載量5リットルのオリジナルドローン「スカイマスターMMC940AC」を主力製品として紹介していた。中山間地の国内の農地では小型で少量散布ができ、無人ヘリによる散布では行き届かなかった部分にも散布できることをアピールしていた。
 また今年中に発売予定の最大積載量9リットルの大型ドローン「スカイマスターMMC1500AC」や、参考出品の救命ドローンも展示されていた。今後を見据え開発中とのことだった。

参考出品として展示されていたジンバルにカメラ、拡声器、ライトを付け、脚部に救命救急バッグを取り付けた丸山の「Rescue Drone」

最大積載量9kgの大型農薬散布ドローンスカイマスターMMC1500AC

ドローンに装着する軽量小型だが強力なウィンチ

 岡谷鋼機株式会社(名古屋市)では、グローブライト株式会社が開発した、釣りの電動リールのノウハウを生かしドローンに装着できる軽量小型のウィンチを参考出品し紹介していた。展示ブースではプロドローン社製のドローンに小型ウィンチを取り付け、5kgのバッグを軽々と、高速に昇降させていた。想定している用途としては、建設現場の高所作業での工具等の上げ下げや、人が立ち入れない環境下での計測機器の昇降、遭難者への緊急物資の搬送など応用範囲は広い。
 釣りの過酷な現場で培われた技術だけに、防塵、防水に優れていて、ドローンから外して専用バッテリーを装着する事で単独でも使用できるなどメリットは多い。

プロドローンの機体に取り付けられた小型軽量ウィンチ

孫の手のようにかゆいところに手が届く、MIKAWAYA21の高齢者向けのIoTデバイス「MAGO(マゴ)ボタン」

 子供からシニアまで安心して暮らせる社会を目指し地域密着型ビジネスを展開するMIKAWAYA21は、離島や山間部で生活する買い物弱者に対しドローンを活用した宅配を推進している。2016年11月には、福岡県の能古島でドローン宅配の実証実験を実施し成功させた。この時に用意したのが、開発中のインターネットなどに接続できない高齢者向けのIoTデバイス「MAGO(マゴ)ボタン」で、今回も展示されていた。ボタン一つでドローンが宅配するという訳だ。
 MAGOボタンは、ボタンを1回押すことで音声による暮らしにかかわる情報を得ることができ、2回押すとコールセンターから連絡があり欲しいもの、してほしい事を依頼できるという、シニアの「ちょっと困った」を手伝ってくれるデバイスだ。
 福岡の実証実験のようにドローンだけでなく、今後も地域に根ざした企業との連携しながら、かゆいところに手が届く「孫の手」のようなサービスの展開を進めていくようだ。

MAGO(マゴ)ボタンと奥に実証実験で使用したドローンが展示されていた

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

ドローンリアルタイム探査クラウドシステムを開発している株式会社ロックガレッジ(代表取締役:岩倉大輔/Rock Garege)では、AIによる山岳遭難探査、害獣調査、植生調査、ゴミの不法投棄、密猟監視などに応用できるシステムを構築し、現在ユーザーモニター募集中。


【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

ドローンの飛行制御を行うモーションセンサーを開発する東京航空計器株式会社(東京都魔町田市)は、同社独自開発のGNAS SKY フライトコントロールシステム搭載のGNAS SKY輸送用無人ヘリと多目的マルチコプターを、4月18日開催の国際ドローン展の同社ブースで展示した。


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。