【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

第三回 国際ドローン展が4月19日、千葉市の幕張メッセで開催された。今年は、ドローンを活用した測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。21日まで。


国産ドローンの最新モデルから海外の最新ソリューションが数多く展示

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示コーナーでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。また、価格が下がってきたLIDAR(Laser Imaging Detection and Ranging「レーザー画像検出と測距」)を搭載し、3次元データをドローンで計測するソリューションも昨年に比べて増えていた。例えば、日本海洋株式会社では、DJI製のドローンにLiDARとカメラを取り付けて、約1,000万円のセットとしてソリューションを提供し、同社では、同じく約1,000万円の固定翼無人機や、約1億円のドローン検出システムなどを展示していた。
 一方、展示会には初参加となった芝本産業株式会社は、3DRobotics社製ドローン「SOLO」を展示していた。展示コーナーの一角では、株式会社日創建が協力して、「SOLO」を活用した測量ソリューションのSite Scanも紹介し注目を集めていた。
 その他にも、ドローンに搭載するセンサー機器やモーターなどの要素部品から、産学協同の研究や実証実験に、測量や点検などに活用するソフトウェアなどが展示されていた。

芝本産業が展示していた3DRobotics社製ドローン「SOLO」

国際ドローンシンポジウムにはunicefも参加

 国際会議場では、国際ドローンシンポジウムも開催された。冒頭、株式会社自律制御システム研究所代表取締役 CEO 野波健蔵氏が「ドローンが可能にする近未来社会」について講演した。野波氏は2020年までに目視外で無人地帯における荷物配送を実用化する、という経済産業省のロードマップを紹介し、それに向けて取り組む重要性について語った。
 特別講演では、unicefでドローンを活用したイノベーションに取り組むChris Fabian氏の特別講演があり、ユニセフがアフリカのマラワイで推進しているドローンの計画などが紹介された。
 続いてドローン議連の田中和徳議員が挨拶し、二つ目の特別講演では、ISO(国際標準化機構) 無人航空機システム 国際標準化検討会 委員長のJohn Walker氏が「ドローンの国際的な標準化に関する最新動向」を語った。最後に、楽天AirMap社の 代表取締役CEO 向井 秀明氏(楽天株式会社)と、中国で飛行制御システムを開発しているTopXGun社のYin Liangliang氏を交えたパネルディスカッションが行われた。ドローン物流を推進し、UTM(運航管理ステム)の提供を計画している楽天AirMapの向井氏は「UTMがあってはじめて、物流など安全な運航ができる」と話し、野波氏も「我々も国の意向に沿う形で、一枚岩でISOとか国際標準化に紺トリビュートしていきたい」と締めくくった。

この記事のライター

関連する投稿


【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

第3回 国際ドローン展2017に、3D Robotics社のドローン「SOLO」の輸入販売を手掛ける芝本産業株式会社が出展した。空撮測量から3D化までを自動で処理する測量ソリューションのSite Scanで、新たな測量現場の利活用を提案している。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

 ドローンでの町おこしに取り組んでいる徳島県那賀町は、昨年11月に製作した「那賀町オリジナルドローン nk1612―96H」を幕張メッセ(千葉市)で開催されている「国際ドローン展」で公開した。首都圏で同機が披露されたのは今回が初めて。


【第3回 国際ドローン展2017】レポートその1

【第3回 国際ドローン展2017】レポートその1

第3回国際ドローン展が千葉市の幕張メッセで19日、開幕し、「ドローン活用元年」にふさわしく産業用ドローンが目立つ展示が多かった。会場内で注目したドローンやソリューションを紹介する。


ソフトバンクC&S ドローン搭載用赤外線カメラ取扱い開始

ソフトバンクC&S ドローン搭載用赤外線カメラ取扱い開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下ソフトバンクC&S)がドローン搭載用赤外線カメラの取扱いを4月12日から開始すると発表した。 ドローンに赤外線カメラを組み合わせることにより、 点検業務、 生態調査、 監視、 行方不明者の捜索など、 ドローン活用の幅がより一層広がる。


最新の投稿


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

ドローンによる水難救助 災害対策建設協会JAPAN47 神奈川支部が公開実証実験を開催

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部は、 ドローンによる水難救助の公開実証実験を本格的な海水浴シーズンを前にした6月27日、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で開催した。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。



「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

ゼビオアリーナ仙台にて開催