NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、無人航空機(以下ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて※1 開発した。


 今回ドコモが開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができるというもの。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となった。
 ドローンの機体周りに球形のディスプレイを備えることにおいては、これまではドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイがさまたげてしまう課題や、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題があった。この開発では、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術を応用することにより、空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となった。
 今後、2018年度の商用化をめざし、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出、広告および案内等)としての提供を検討していくという。
 なお、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を4月29日(土)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でのデモ飛行を予定している。

※1  2017年4月16日時点(ドコモ調べ)。

別紙 「浮遊球体ドローンディスプレイ」概要

【今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」の主な仕様】※1

図3:「浮遊球体ドローンディスプレイ」浮遊時

※2017年4月16日現在。

情報提供元:株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

この記事のライター

関連する投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


Japan IT Week 2018春に登場したドローン関連テクノロジーの数々

Japan IT Week 2018春に登場したドローン関連テクノロジーの数々

東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Week 2018春に、ドローン関連のソリューションやテクノロジーが出展した。IoT端末や無線通信にセンサー技術など、ドローン関連の展示を追った。(田中亘)


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

 NTTドコモが2月21日に発表した企業向けにドローンの運用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモスカイ)」が大きな反響を呼んでいる。発表会に登壇した中山俊樹副社長の発言を改めて紹介する。


ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。