福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

福岡に屋内常設型のドローン操縦士協会認定「ドローンスクールジャパン福岡東校」が4月21日開校

産業用ドローンの開発、販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区、 代表取締役社長:貝應大介)は、九州初となる常設屋内飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン福岡東校』を4月21日(金)に開校する。 当日は、 開校式典のほか、 デモフライトや操縦体験会も開催する。


ドローンの知識やフライト訓練を目的に応じて体験できる充実したプログラム

インフラ整備、 農林など多方面で需要高まる産業用ドローンスクール  福岡東区で開校決定

 スカイロボットは「確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士」を育成するため、 九州初のドローンスクールジャパン福岡東校を福岡東区に開校する。 スクールのからは海も近く、 落ち着いた環境であり、 和白通り沿いで駐車場も充実しており、 遠方から通うにも抜群の環境にある。
 ドローンスクールジャパン福岡東校ではこれから必要とされる、 あらゆる分野において活躍できるパイロットを養成していく。

 「ドローンスクールジャパン」とは、 初心者向けのコースから、 土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、 赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、 産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校。 一般社団法人ドローン操縦士協会に認定されており、 修了者は DPA の認定資格を取得することができる。 他にも 3D マッピングやレスキューなどの各種 「ビジネスプロコース」や、 「スマート農業コース」等も現在準備中です。
 2016年4月に神奈川県高座郡寒川町「ドローンスクールジャパン神奈川校」、 10月に東京都江東区潮見「ドローンスクールジャパン東京校」、 11月に静岡県掛川市「ドローンスクールジャパン静岡掛川校」など全国それぞれに開校しており、 建築や太陽光発電に関わる方、 空撮を学びたい人など、 産業活用を目的とした生徒が通っている。 スカイボランティアの拠点として、 2017年9月までの間に、 北海道、 千葉県、 福島県など、 全国に10校を開校予定。

<ドローンスクール講習内容>
 ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、 円移動や四角移動等、 ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できる。カリキュラムで習得できなかったスキルは、 後日スキルアップコースによって習得可能となっている。
 また、「ビジネスコース」では、 プロの操縦士を目指し、 基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっている。

<スクール概要>

名称      ドローンスクールジャパン福岡東校
代表      西山 大介
場所      福岡県福岡市東区和白三丁目17-1 JR和白駅より徒歩5分
営業時間    9:30~18:00
年中無休   (年末年始・大型連休を除く)
コース・料金  入会金は不要。 開校記念として無料体験を実施します。 (4月30日まで)

特定コースの修了者はDPAの認定資格を取得することができる。
星の数に応じたカード型の認定を発行。

開校日

開校日    2017年4月21日(金)
ホームページ  http://www.skyrobot.co.jp
お客様からのお問い合わせ先 092-260-6523 / nishiyama8898@gmail.com

<開校式典>
2017年4月21日(金)13:45~15:00
13:45   記者会見
14:00   代表開校のあいさつ
14:10 ドローン操縦士協会小林理事長あいさつ
14:30 ドローン操縦士特別会員認定授与
14:40   ドローンデモ飛行披露
14:50   インストラクター挨拶
15:00   式典終了
15:00   メディア質疑応答、 来場者ドローン体験会
メディアの方のドローン操縦体験やご取材も受け付けております。 お申し込みはスカイロボット広報事務局までお願いいたします。

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

ドローン操縦技術に関する資格認定事業を行う、一般社団法人ドローン操縦士協会( DPA)は、慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアムと防災・災害調査におけるドローンの利活用をテーマにしたシンポジウム「 ドローン防災シンポジウム2017」を7月21日(金)に開催 する。


スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボットが太陽光パネルの「故障検出ドローンシステム」の国内特許を取得

スカイロボット(東京都中央区)が太陽光パネルに対し、ドローン搭載カメラの"角度や距離"を最適に保つために必要とされる特許を取得。アメリカ含む世界24ヶ国にも特許申請中。


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


女子大生ドローン団体「JDx drone」始動! 6月18日に福岡・糸島で体験イベント!

女子大生ドローン団体「JDx drone」始動! 6月18日に福岡・糸島で体験イベント!

 ドローンの普及を推進する女子大生の団体「JDx drone」(ジェイドローン)が活動を開始した。6月18日(日)に、福岡県糸島市で、パラグライダーに挑戦する女子大生をドローンで撮影したり、子供向けのトイドローン体験会を開いたりするイベントを開催する。参加は無料。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。