日本建築学会が第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を5月18日に開催

日本建築学会が第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を5月18日に開催

日本建築学会では建築分野でのドローンの活用を促進させるため、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を企画した。


 日本建築学会では、建築物の維持保全の合理化を図る一つの手段として、UAV(以下、ドローン)技術の利活用に着目し、建築分野に係るドローンの技術情報の収集、建築物の点検・調査技術、そして建築分野でドローンを安全に活用するためのガイドライン等について検討している。
 一方で、ドローン産業は未だ黎明期にあり、建築分野でのドローンの活用を促進させるためには、建築に携わる関係者がドローン技術の現状と課題を把握できるプラットフォームを作ることが必要であると考え、第1回建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2017」を企画した。
 本シンポジウムでは、ドローンにおける国交省の動向、本WGの活動内容、安全飛行と技能、建築物の点検・調査事例、海外のドローン技術等の最新情報を通して、建築分野におけるドローンの活用の可能性を見出すきっかけとなることを期待する。

主催:   日本建築学会(材料施工委員会耐久・保全運営委員会)
後援:   日本建築仕上学会、日本ドローンコンソーシアム
日時:   5月18日(木)、13 :30~17:00
会場:   建築会館ホール(東京都港区芝 5-26 -20)

定員:   180名
参加費:  会員4,000円 後援 5,000円 会員外6,000円 学生2, 000円
     (資料代含む/当日払い)
Web申込み  https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=1765
       よりお申し込みください。
問合せ:  事務局事業グループ 浜田
      TEL 03-3456-2051

プログラム

司会:兼松学(東京理科大学)
1.主旨説明   宮内博之(建築研究所)
2.ドローンに関わる国交省(建築分野)の動向  眞方山美穂(国土技術政策総合研究所)
3.UAVを活用した建築保全技術開発WGの活動報告  宮内博之(前掲)
4.ドローンを活用したインフラ点検調査事例  石田敦則(三信建材工業)
5.ドローンを活用した建物外壁点検調査事例  大場喜和(ERIソリューション)
6.ドローンを活用した建築外壁タイル仕上げ調査事例
  河辺伸二(名古屋工業大)、渡辺正雄・中島圭二(コンクリート技術支援機構)
7.構造被害調査へのドローンの活用  楠浩一(東京大学)
8.海外におけるドローン最新技術動向  石田晃啓(三信建材工業)
9.ドローンの飛行安全と操縦技能について  酒井学雄(日本ドローンコンソーシアム/スカイスコープソリューションズ)
10.まとめ鹿毛忠継 (国土技術政策総合研究所)

この記事のライター

関連する投稿


建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

建築学会が「第1回建築ドローンシンポ」 国の動向、民間の事例など報告

 一般社団法人日本建築学会材料施工委員会耐久・保全委員会は5月18日、「第1回建築ドローンシポジウム 建築×ドローン2017」を建築会館ホールで開催した。当日は立ち見が出るほどに観覧者がつめかけ、関心の高さを伺わせた。


最新の投稿


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

10月21日。「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)が、オープニングイベントを開催。DJIからも応援のスタッフが駆けつけ、受付や抽選会に展示ドローンの説明をサポート。雨の中、近隣や遠方からも多くのドローン愛好家が参加した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。