ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

ドイツで二人乗りドローンのVolocopter 2Xが登場

有人マルチコプターとして2016年3月30日に、世界で初めて認可されたVolocopter VC200の最新モデルVolocopter 2Xが、4月18日からドイツで開催されている航空ショー(AERO)に登場。


二人乗りドローン・タクシーを目指すVolocopter 2X

二人乗りドローン・タクシーを目指すVolocopter 2X

 ドイツのスタートアップ企業e-volo社(本社:ドイツ、CEO:フロリアン・ロイター)が開発しているVolocopter(ボロコプター)は、二人乗りの大型ドローン。18基のプロペラを使い、約290kgの機体を飛行させる。昨年、世界で初めて有人ドローンとして認可を得たことで話題になったVolocopterの開発には、米Intel社が買収したドイツのAscending Technologies社も協力している。その関係で、米Intel社もVolocopterには注目している。現在は、ドイツでのみ認可を得ているが、2018年を目標に米国でも有人ドローンとしての販売を計画している。予定価格は約3,000万円。今回、ドイツの航空ショーに向けて新たに発表されたVolocopter 2Xは、デザインを洗練しバッテリーの交換システムを改善し、数分で再飛行が可能になる。現在は、規制の関係からパイロットが操縦することを前提としているが、将来的には遠隔制御や自律飛行により、無人ドローン・タクシーとしての利用を目指す。また、今後は実用化に向けた取り組みを推進すると共に、四人乗りのVolocopterの開発も計画している。

【Volocopter 2Xの主な仕様】
最大飛行重量 450kg
最大ペイロード 160kg
本体重量 290kg
最大飛行距離 27km
最大飛行時間 27分
最大速度 100km/h

http://volocopter.com/

オプションで皮張りのシートも装備できる

この記事のライター

関連する投稿


産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

空撮用ドローンの国際市場では、DJIに代表される中国企業が、世界的なシェアを占有している。一方で、今後の成長が見込まれる産業用ドローンの市場では、ドイツのベンチャー企業に注目と資本が集まっている。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。