マルチコプタービジネスアカデミーがドローン映像制作基礎講座を4/26(水)開催

マルチコプタービジネスアカデミーがドローン映像制作基礎講座を4/26(水)開催

ドローン空撮を取り入れ迫力のある映像作品を作りたいという人へ。空撮・地上を組み合わせた数々の映像制作を手がける現役プロカメラマンが業務で即実践できる映像制作講習を、初心者から中級者向けに開催する。


プログラム内容

第1章. 撮影機材選定(ドローン)
1-1. 対象クライアントに適したドローン選定
1-2. DJI製カメラ(Phantom 4、Phantom 4 Pro、X4S、X5S)の特徴、違い
第2章. 撮影機材選定(地上カメラ)
2-1. 対象クライアントに適した地上撮影機材選定
2-2. 一眼動画 VS. デジタルシネマカメラ
第3章. ロケーション別の撮影テクニック
3-1. 空撮すべき場所と空撮すべきでない場所
3-2. カットバリエーションを考える
3-3. 機材の性能限界を知る
第4章. 撮影後の注意点
4-1. バックアップ
4-2. フォーカス
4-3. 音声
第5章. 編集ワークフロー
5-1. 編集機材選定において注意すべき点
5-2. 編集ソフト及びワークフロー紹介(Final Cut Pro X、Davinci Resolve)
5-3. Davinciを使ったRAW映像編集デモ

新しいことを始める際、何を用意すれば一番得なのか?

何から始めてステップアップしていけば良いのかと、
手順を定めないと思うように先へ進めなくなってしまいます。

これはドローンやスタビライザーを使った映像制作にも言えることです。

本講座では、DJIの機材(特にRONIN等のジンバル)に詳しく、
実際業務でも使いこなしている吉田講師が、
最適な導入手順から撮影のコツまでしっかりお伝えしますのでご安心ください!

当日は質問タイムもございます。

吉田講師に直接聞ける良い機会となりますので是非お気軽にご質問ください!

講習日程、費用など

◯日時  4月26日(水)13:00~16:00(予定)
     ※会場へは12:30からご入場いただけます。
◯会場  愛知県名古屋市中村区名駅3−13−31
     名駅モリシタ名古屋駅前中央店7階 第1会議室
◯受講費 3,000円(税別)
     ※懇親会にご参加される場合は、参加費 5,000円をいただきます。
◯定員  20名

◯注意事項
 ※無断動画撮影、音声録音は禁止です。
 ※講習会当日は、弊協議会スタッフの進行に従ってください。
  万が一、従っていただけない場合は退場していただく事も御座います。
◯問い合わせ Mail: support@jp-drone.com
        TEL: 050-3562-3768
◯担当:北原(マルチコプタービジネスアカデミー事務局)
   ※お問い合わせの際は、「ドローン映像制作基礎講座の件」お伝え下さい。

申し込み

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeBLxnSST6AfZcp2vB2NTO1ZSHJ_aoIEUoAUc8xfGJPWr8JWw/viewform?c=0&w=1

詳細はマルチコプタービジネスアカデミーまで
http://jp-droneschool.com/drone_film/

この記事のライター

関連するキーワード


DJI セミナー 吉田 泰行

関連する投稿


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。