「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その1

「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その1

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、グランプリに輝いた佐々木光洋さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


「Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial shoot」 ドローンムービーコンテスト2017受賞作品 

 鬱蒼としたジャングル、密林の奥の滝、アジアの湿度が伝わる映像の先には険悪な山肌が現れる。音楽がピークに達すると画面いっぱいに、まるでえぐられたような巨大な火口が口を開いて迫ってくるようだ。株式会社NAVA代表取締役でドローン映像作家でもある佐々木光洋さんが制作した圧倒的な映像展開には説得力があった。

「ドローンは世界を再発見するツール」

 第2回目となるドローンムービーコンテストの発表が行われたのは3月25日、千葉市の幕張メッセで開催されていたジャパン・ドローン2017初日のオープンステージ上だった。フィリピンの火山をテーマにした「Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial shoot」の映像でグランプリに輝いた佐々木さんは「ヒルなどに食われるなど山頂へのアプローチは大変だったが報われた」と優賞楯を手に受賞の喜びを語った。
 ドローンの魅力について尋ねると「ドローンは世界を再発見するツール」と話してくれた。

グランプリに輝き、楯を手に喜びを話す佐々木光洋さん=3月23日、千葉市の幕張メッセ「Japan Drone 2017」

後日改めて作品やドローンについてお話をうかがう機会を得た。
ーあまり知られていないフィリピンの火山を、作品のテーマにしたのは何故か。
 「海外未経験の山友達でもある友人と、どこか行こうと考えていたところ、たまたまフィリピンのセブ島行きの航空券が手に入った。そこから登れる山を探すとセブの西側にあるネグロス島のカンラオン火山に行き当たった。それまでは名前も知らない山でした」
 いろいろ調べたがこの山に関する情報は少なく、ましてや過去にドローンを飛ばした情報は皆無だったという。分かったのは登山には、入山証とガイドが必要であることぐらいだった。
 「じゃあドローン持って行く」と決め、海外初体験の友人と、未知の山、それも標高2400メートルを超える火山へと2015年7月、旅立った。

道なきジャングルに分け入る(安東正吾さんのヤマレコから)

ヒル地獄とPhantom 2を入れた15キロのザック

この記事のライター

関連する投稿


「Wind of Vietnam」<NAVA.tv:佐々木光洋>

「Wind of Vietnam」<NAVA.tv:佐々木光洋>

ベトナムの各地を絶景を求めて巡りました。ハノイ、ムイネー、ホイアン、ホーチミン。それぞれに歴史があり、その場所に根付いた生活がありました。


「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その2

「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その2

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、特別賞(DroneTimes賞)に輝いた竹内佳嗣さんに受賞作品以外の作品と今後撮影したいテーマについてうかがった。


「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その1

「ドローンムービーコンテスト2017」特別賞・竹内佳嗣さん 「ドローン映像は作品のスパイス」その1

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、特別賞(DroneTimes賞)に輝いた竹内佳嗣さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ受賞者・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その2

「ドローンムービーコンテスト2017」グランプリ受賞者・佐々木光洋さん 「ドローンは世界を再発見するツール」その2

第2回目となるドローンムービーコンテスト2017で、グランプリに輝いた佐々木光洋さんに受賞作品の制作での苦労や、ドローン空撮の魅力についてうかがった。


Drone Movie Contest 2017 グランプリ発表!

Drone Movie Contest 2017 グランプリ発表!

 日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017 」で開幕初日となる23日、第2回 Drone Movie Contest 2017の受賞作品が発表され、受賞式が行われた。グランプリは佐々木光洋さんの「Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial Shoot」に輝いた。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。