「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」の成果発表(2)

「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」の成果発表(2)

「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」を修了した一期生と二期生の中から、優秀な成果を出した塾生が、その内容を発表した。


振って投げてテイクオフする新しいフライトモード

 川村剛氏が発表したShake mode(シェイクモード)を搭載した自作の小型ドローンは、振ってARM(Arming the motorsの略称:モーター準備の意味)し、投げて飛ばす新しいフライトモードを実装した。そのこだわりのポイントは「強めに振るとARMする」という振る向きと速さと強さを検証していること。
 また「オリジナルの音でシェイクモードを通知する」と川村氏。さらにドローン本体は、Pixracer(小型のフライトコントローラー)を使ってとことん小さくした。残念ながら、屋外のデモフライトでは「投げてテイクオフ」は成功しなかったが、今後も改良を重ねて理想に近づけていく計画だ。

川村剛氏が発表したShake mode(シェイクモード)を搭載した自作の小型ドローンは、振って投げたところで離陸するデモを繰り返したが、落下に強く壊れにくいことは証明した。デモ前のビデオでは上手く飛んでいた。

RTK GPSで正確な高度を維持する水田の温度測定ドローン

 続いて海津裕氏が発表したのは、水田の温度分布を計測するためのドローン。「ドローンに水温を計測するためのプローブをぶら下げて温度とか計測する」と海津氏。しかし、そのためには「かなり精密にホバリングの高さを制御する必要がある」という。
 そこで、価格が安くなってきたRTK測位(Real Time Kinematic GPS :干渉測位方式)を搭載したドローンで、「水田からぴったり2mの位置にホバリングできる」正確な高度の維持を目指した。デモフライトでは、正確に2m、5m、10mの高度を維持するホバリングが披露された。

海津裕氏が発表したドローンは、RTK測位(Real Time Kinematic GPS :干渉測位方式)を搭載し正確な高度の維持を目指した。デモフライトでは、正確なホバリングが披露された。

ドローン活用を後方支援する「ドローン運用統合管理サービス」

 「ドローン運用統合管理サービス」を開発した鈴木祐一朗氏は、株式会社日立システムズのエンジニア。空撮した画像データなどのセキュアな保管や管理に、ドローン関連のデータを一元管理するクラウドサービスを企業として提供している。
 一期生として参加した鈴木氏は「まったく知らない状態から学んでいって、ドローンの中身ではなく、会社としてできることを前提にサービスの開発に取り組んできた」という。すでに「ドローン運用統合管理サービス」は、実際の事業として推進されている。今後は「クラウド上での3次元データ変換やCADとの連携に、建築物などの劣化診断など、ドローンの利活用のために必要となる管理機能の充実を目指していく」と鈴木氏。

株式会社日立システムズのエンジニアの鈴木祐一朗氏が発表した「ドローン運用統合管理サービス」。

ドローンの遠隔制御とリアルタイム監視

 発表の最後は、柴田有一郎氏と二期生の有志チームによるWi-Fi無線通信や携帯通信網を使用したドローンの遠隔制御とリアルタイム監視。その目的は「ドローンのIoT(モノのインターネット)化にある」と柴田氏。開発のポイントは、MQTT(Message Queue Telemetry Transport)というプロトコルの利用。MQTTは、低帯域でメモリー容量の小さなセンサーやデバイスなどから情報を送ることを想定して設計されたプロトコル。IoTとして活用するデバイスにとって適した技術といわれる。
 柴田氏は「MQTTをArduPilotに積んで、WiFiかSORACOMに接続できるようにした」という。その結果、インターネット経由でドローンを遠隔制御したり、フライトログを取得して監視することが可能になった。
 屋外のデモフライトでは、WiFi通信でARM(モーターを準備してプロペラを回転)するまでの遠隔操作と、ドローンからのログをPCの管理画面で確認することが可能だった。しかし、残念ながら遠隔制御による飛行には至らなかった。ちなみに、SORACOMによるリアルタイムでのドローンからのフライトログの取得は、電波法の関係で実飛行ができないので、自動車に搭載して移動するドローンからデータを取得する様子が動画で紹介された。
 今後は「フライトデータのビッグデータ化と、そのデータをディープラーニングを活用して墜落の原因を調査したり、強化学習による自律飛行を目指す」と柴田氏。

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

幕張メッセで開催されたジャパンドローン2018に出展した日立システムズは、企業向けドローン検査のフルパッケージサービスや閉鎖空間での検査に適したドローンなどを紹介していた。


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

産業用ドローンの新たなビジネス市場を開拓する構造物の点検ソリューション

株式会社日立システムズ(代表取締役社長:北野昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)の開発した「3次元管理台帳サービス(仮称)」は、日立建設設計などのグループ企業と協力して開発した構造物の点検ソリューション。産業用ドローンの新たなビジネス市場の拡大に貢献する取り組みとして注目されている。


【橋梁・トンネル技術展】3次元の画像データで構造物の点検を容易にする画期的なドローンソリューション

【橋梁・トンネル技術展】3次元の画像データで構造物の点検を容易にする画期的なドローンソリューション

株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)の展示していた「3次元管理台帳サービス(仮称)」が、橋梁・トンネル技術展の来場者から高い関心を集めていた。


「ドローン運用統合管理サービス」を強化する日立システムズ

「ドローン運用統合管理サービス」を強化する日立システムズ

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、構造物写真からの3次元モデル自動生成など、「ドローン運用統合管理サービス」による画像データの加工や診断機能を強化する。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。