実験に成功したOFF Line社の「ドローンみまもり」とは

実験に成功したOFF Line社の「ドローンみまもり」とは

OFF Line社は3月16日、 福島県南相馬市において、 一般財団法人 総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が行った複数事業者によるドローン運航管理デモンストレーションに参加し、 「ドローンみまもり」サービスのデモンストレーションに成功した。その内容とは。


 デモンストレーションでは9社2研究機関が参加し、 複数機のドローンが運行管理システムによって安全に飛行を行うといった実験を複数のケースを組み合わせて実施した。

 OFF Line社が行った「ドローンによる上空からのみまもり」という実験では、自動航行飛行したドローンより地上にある同社独自のビーコンを発見し、 発見情報をLoRa方式(サブギガ帯通信)で地上のLoRa受信機に送信するというもの。
 LoRa受信機よりクラウドに情報を送信し、 ビーコンの電波強度に応じて、 ビーコンの位置情報を予測し、 予測場所を地図として表示することができた。

■特徴
〇弊社独自ビーコン:直径900mに電波を発信(オフライン環境)
〇LoRa方式:最大約100キロに情報を伝達(オフライン環境)
☆GPSとビーコンの電波を組み合わせ、 ビーコンの位置の予報円を表示

 携帯の電波が入らないような圏外エリアにおいても、オフライン環境でドローンによる上空からのみまもりが可能である本システムは、 認知症徘徊老人や、 子供、 山登りの人などの「みまもり」として世界中で利用される可能性がある。

■デモンストレーション参加企業・研究機関
輸送事業:ヤマトホールディングス株式会社
郵便・物流事業:日本郵便株式会社
農薬散布:株式会社エンルート/株式会社エンルートM’s
農作物育成状況調査:ワタミ株式会社
i-Construction:日立建機株式会社
みまもり:OFF Line株式会社
緊急放送:損保保険ジャパン日本興亜株式会社
災害調査:産業技術総合研究所(AIST)
災害時輸送:ヤマハ発動機株式会社
報道:株式会社テレビュー福島
モニタリング:情報通信研究機構(NICT)

【AirTalkについて】
インターネットを使用せず、 近距離無線(BLE/Wi-Fi)を使用し、 スマートフォン同士を直径最大240メートルで高速情報通信を可能にしたスマートフォンアプリ。
・AirTalk page: http://off-line.co.jp/airtalk/
・Facebook page: https://www.facebook.com/AirTalkOFFLine

【会社概要】
OFF Line株式会社
所在地:東京都新宿区四谷4-30 エスツウィン新宿4階
代表取締役社長:石塚孝一
設立:2013(平成25)年10月
資本金:1億5660万円 (資本準備金含む)
事業内容:「みまもりビーコン」の開発
非接触、 接触センサーにおけるみまもりサービスの開発
Bluetooth(BLE)及びWi-Fiを使用した近距離コミュニケーションアプリケーションの開発
AirTalk URL:  http://off-line.co.jp/airtalk/
会社URL:  http://off-line.co.jp
MAIL: info@off-line.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

 ドローンの普及促進と、それに伴う課題解決に必要な社会基盤を整備するため、空域や電波の管理システム構築を目指す日本無人機運航管理コンソ-シアム(JUTM)が第1回シンポジウムを開催した。産業界、研究機関、中央省庁、地方行政など各界の第一人者が計38人が、講演やパネルディスカッションに登壇する異例の大規模集会となった。


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業に登壇してもらい、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。