那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

那須雪崩事故、ドローンによる現場調査で原因究明

栃木県那須町のスキー場で登山講習会に参加した県立大田原高校の教師、生徒ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、28日、雪崩の原因を調査するためドローンを現場上空を飛行させた。


 栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で27日、「春山安全登山講習会」に参加していた県内7校高校の山岳部員の生徒と教員48人がラッセル訓練中に雪崩に巻き込まれ、県立大和田高校の男子高校生7人と男性教員1人が死亡する事故が発生した。
 県災害警戒本部によると28日午前8時ころから、事故現場に県警や那須地区消防本部、消防庁などがはいり、小型無人航空機ドローンなどを使って雪崩が発生した状況を詳細に調査を行った。
 調査では雪崩の再発が懸念されることから、さいたま市消防局のドローンを飛行させた。ドローンは雪崩発生現場付近のゲレンデから離陸、高度80メートルほどから高校生らが雪崩に巻き込まれたスキーゲレンデの斜面を飛行し状況を映像で確認した。
 今後はドローンが撮影した映像を分析して、雪崩が発生した原因や規模などを究明したいとしている。

雪崩事故が起きたゲレンデを調査するため飛行するさいたま市消防局のドローン=28日、栃木県那須町(産経新聞写真報道局・桐山弘太撮影)

この記事のライター

関連するキーワード


雪崩 さいたま市消防局

最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。