DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


~最優秀賞には、Mavic ProとOsmo Mobileを贈呈~

 当コンテストは、 日本の春の代名詞である桜をDJIのドローンやスタビライザーで撮影した作品が対象となり、 応募数上限はない。
 審査結果は、 5月10日(水)にDJI公式Facebookページで、 各部門より最優秀賞、 2位作品と3位作品の各上位3賞が発表される。
  最優秀賞には、 DJI Mavic ProとDJI Osmo Mobileが贈呈され、 2位賞と3位賞には、 DJI公式ストアで使用できるDJI クレジットが、 それぞれ50,000クレジット(50,000円相当)と30,000クレジット(30,000円相当)が贈られる。

 各部門ともDJI製品で撮影された作品が対象となり、 「空撮写真部門」は、 カラー、 モノクロの5MB以内のJPEGファイルが対象。 「地上動画部門」は、 HDサイズ(1280×720)で1分以内かつ100MB以内の動画が対象で、 動画ファイルは「.mov」もしくは「.mp4」が推奨。 動画編集ソフトの指定はない。

 また、 DJI JAPANでは、 DJI公式Facebookページにて、 Mavic Proの開発背景や過程を紹介する動画や世界のクリエーターがどのようにMavic Proを活用して作品を制作しているかを紹介するオリジナルコンテンツも併せて公開しています。

【「DJIで桜を撮ろう」開催概要】

・コンテスト名:「DJIで桜を撮ろう」
・応募期間:2017年4月1日(土)~ 2017年4月30日(日)
・結果発表:2017年5月10日(水)
・コンテストページ: http://bit.ly/DJI-SakuraContest2017
・応募部門:「空撮写真部門」、 「地上動画部門」
・応募基準:
  ◇ 桜の季節に合わせた作品をDJI製品で撮影しすることとするが、 DJI製品の機材指定はない。
  ◇ 一人あたりの応募数上限はない。
  ◇ 作品は次の指定に合わせて応募すること。
  ◇ 空撮写真部門:写真は5MB以内。 ファイル形式はJPEG。 カラー、 モノクロはいずれも可。
  ◇ 地上動画部門:HDサイズ(1280×720)、 1分以内かつ100MB以下。 動画の拡張子は「.mov」、 「.mp4」を推奨。 動画編集ソフトに指定なし。
・応募方法:コンテストページより応募
・賞品:※各部門より3賞をそれぞれ選出する。
最優秀賞:DJI Mavic ProとDJI Osmo Mobile
第2位賞:50,000 DJIクレジット(50,000円相当)
第3位賞:30,000 DJIクレジット(30,000円相当)
・審査基準:
  ◇空撮写真部門:ドローン空撮ならではの視点から捉えた桜の美しさや四季を感じさせるようなテーマ性や表現性
  ◇地上動画部門:桜をテーマとしたストーリー性や独創性に加えて、 DJIのOSMOシリーズならではのブレない撮影手法

【注意】
ドローンによる空撮は予め飛行可能エリアであるかを確認の上、 必要に応じて関係各所に申請すること。 飛行エリアの確認にはDJIのフライトマップを参考に、 違法行為とならぬよう注意すること。

DJIフライトマップ
http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

国土交通省 飛行ルール / 無人航空機ヘルプデスク
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

この記事のライター

関連するキーワード


DJI Mavic Pro OSMO MOBILE

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。