Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

Japan Drone 2017速報・高価なセンサー類を落下リスクから守る日創建のエアバッグ

 〝本邦初公開〟のドローン用エアバッグの実演が、Japan Drone 2017でひときわ目立つ演出で、客足を止めている。ただし保護するのは、ドローン本体ではなく、搭載したセンサーやスキャナーだ。


「2000万円のセンサーを搭載してる」が操縦者に与えるストレスを軽減したい

 実演をしているのは、産業用ドローン事業を展開している株式会社日創建(名古屋市)だ。オーストリア系ドローン用レーザーセンザーメーカー、リーグルの日本総代理店、リーグルジャパン(RIEGL JAPAN)のブースの前で、同社のドローン搭載型スキャナーVUX―1をエアバッグで守るという想定だ。実演に使われるエアバッグは試作品で、この展示会が初めて公開されている。
 ブースの中から、ぶらさげられたVUX-1がブース前に運ばれると、日創建の増田稔取締役が、来場者に「はい、これから実演します!危なくありませんので、近付いてみてください」と呼びかける。
 「さあ、いきますよ。3,2、1、はい」
 ボンッと黄色い樹脂製の袋が膨らみ、VUX-1を包んだ。
 「これで衝撃から守ります」
あっという間に終わる実演に、多くの来場者が足を止めていた。
 ドローンはセンサーを搭載することで、測量、点検など用途の幅が広がるが、搭載するセンサーは、高性能になればなるほど、高額で、落下リスクはつきものだ。実演に使ったVUX―1なら約2000万円。日創建の増田取締約は「パイロットがストレスを感じる大きな要因の一つです。保険もありますが保険料は高いし、パラシュートもありますが着地までに開く保証がない。そこでエアバッグを考えました」
 試作品は、形状など複数の特許を取得した自信作。手元でプロポを操作して作動させたが、「状況を判断して開くようにすることも可能です」と、今後も改良を加え、販売にこぎつけたい考えだ。

リーグルの2000万円といわれるドローン用スキャナー、VUXー1をぐるっとつつんで衝撃から守る日創建によるエアバッグの実演。左が同社の増田稔取締役

この記事のライター

関連する投稿


【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

【第3回国際ドローン展2017】3DR SOLOの測量ソリューション Site Scanを芝本産業と日創建が協力して販売

第3回 国際ドローン展2017に、3D Robotics社のドローン「SOLO」の輸入販売を手掛ける芝本産業株式会社が出展した。空撮測量から3D化までを自動で処理する測量ソリューションのSite Scanで、新たな測量現場の利活用を提案している。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。