Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

福島県の商工労働部は、平成30年度から順次開所を予定している「福島ロボットテストフィールド」や南相馬市復興工業団地などを案内し、その隣ではJUTMが3月に行われた航空管制の実証実験の様子を紹介していた。


南相馬市復興工業団地などを紹介する「福島ロボットテストフィールド」のブースの隣にはJUTMが3月に行われた航空管制の実証実験の様子を紹介。

ドローン関連の実証実験を積極的に受け入れる南相馬市

 ドローンをはじめとして陸海空のロボットの一大実証拠点として整備が進む約50haの「福島ロボットテストフィールド」は、平成30年度から完成した施設ごとに順次開所を予定している。
 計画されている主な施設は、「無人航空機エリア」に「インフラ点検・災害対策エリア」、「水中水上ロボットエリア」、そして「開発基盤エリア」となっている。実際の施設が完成するのは、平成30年度から順次となっているか゜、すでに一部の管理地や地権者の協力を得て、ドローン関連の実証実験はスタートしている。
 3月16日には、JUTMが日本初となる複数のドローンによる飛行管制システムの試験飛行を行った。また「そら楽」も南相馬市から浪江町までの海岸線を利用してドローンによる長距離の物流を検証している。福島県 商工労働部 ロボット産業推進室では、「要望があればドローンの実証実験を行う場所や機会は柔軟に提供する」と話す。

【問い合わせ先】
福島県 商工労働部 ロボット産業推進室
robot@pref.fukushima.lg.jp

「福島ロボットテストフィールド」の実証実験を紹介するJUTM

 福島県の展示ブースの横には、JUTM(Japan Unmanned System Traffic & Radio Management Consortium:日本無人機運行管理コンソーシアム)が出展していた。JUTMは、無人機を安全に運行させるための技術開発、ルール形成、制度設計などの活動によって社会実装を進める組織。東京大学の鈴木真二教授が、コンソーシアムの取りまとめと大学との研究調整を推進している。主な参加企業や関連団体は、以下のようになっている。

【ANAホールディングス】空運に関する経験やノウハウと航空業界との連携
【NTTドコモ】携帯電話の空中利用検討
【日本郵便】郵便事業に関する適用検討
【日立製作所】運行管理のシステム化に関する検討
【富士重工】機体の安全性に関する検討
【ヤマトホールディングス】物流事業に関する適用検討
【東京大学 淺間一】ロボット技術全般指導
【AIST 産業技術総合研究所】性能評価手法
【NICT 情報通信研究機構】電波管理技術
【JAXA 宇宙航空研究開発機構 航空技術部門】空域管理技術
【ENRI 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所】航空管制技術
【福島県】ロボットテストフィールドの利用促進

今回の展示では、3月に実施した日本初となる「複数事業者によるドローン運航管理デモンストレーション」の様子をパネルなどで紹介していた。

https://www.dronetimes.jp/articles/1106

JUTMのブースでは3月に行われた実証実験のビデオなどを紹介。

この記事のライター

関連する投稿


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

 ドローンの普及促進と、それに伴う課題解決に必要な社会基盤を整備するため、空域や電波の管理システム構築を目指す日本無人機運航管理コンソ-シアム(JUTM)が第1回シンポジウムを開催した。産業界、研究機関、中央省庁、地方行政など各界の第一人者が計38人が、講演やパネルディスカッションに登壇する異例の大規模集会となった。


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業に登壇してもらい、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。