Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017に出展した国内ドローン製造メーカーのエンルート社は、数々の実証実験で使われた機体や、国内の主要なビジネスパートナーと連携したソリューションを展示していた。


物流から計測に点検や農業まで豊富なソリューションの数々

 エンルートの展示コーナーには、3月に福島のロボットテストフィールドで行われたJUTMの実証実験で使われた機体の数々が並べられていた。
 正面には、実証実験に参加したヤマト運輸や日本郵便が利用した機体が並べられ、運航管理システムの実験シナリオや物流に向けた取り組みがパネルで紹介されていた。またドコモのスマートフォンを装備したセルラードローンに、マルチスペクトルカメラを搭載したソリューションも展示されていた。そして10kgのペイロードがある農薬散布用ドローンも存在感を放っていた。
 エンルートのドローンは、産業用ソリューションで求められる飛行時間やペイロードに合わせて、機体とアダプタなどを柔軟に組み合わせて利用できる構造になっている。そのため、同一のフレーム構造の機種でも、取り付けるアダプタやバッテリの容量などにより、目的に合わせたドローンをカスタムメイドで構築できる。。
 展示コーナーの中ほどには、エンルートにバッテリやフライトコントローラー回路を提供している協力企業も部品を展示していた。

福島の実証実験で使用された機体。

10キロのペイロードがある農薬散布用のドローン。

ドローン × AI に取り組む最新の研究

 先ごろ、株式会社エンルートラボを設立し、営業機能と研究・開発機能を分離したエンルート社だが、その研究の一旦を示す展示コーナーもあった。以前、ロボティクス展でも展示されていた佐賀大学の佐藤和也研究室が取り組むドローンの自律飛行の動画や、AIによる画像認識の実験例などを紹介していた。

株式会社エンルートラボ設立の記事
https://www.dronetimes.jp/articles/1123

佐賀大学の佐藤和也研究室が取り組むドローンの自律飛行
https://www.dronetimes.jp/articles/951

日立システムズと一体感のある展示ブース

 エンルートの展示コーナーの背面側には、初出展となる日立システムズのブースがあった。日立システムズでは、エンルート製の機体を中心に、測量や点検に資材管理などのソリューションを提供している。展示コーナーには、ドローンで収集したデータを一気通貫で処理できる「ドローン運用統合管理サービス」の仕組みやサービス内容をパネルで紹介していた。

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


日立システムズとパスコがドローンによる3次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる3次元測量作業を支援

日立システムズと、航空測量大手のパスコは、ドローンによる3次元測量を支援するサービスを協業、日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」を通じて、パスコが開発した現場支援アプリケーション「PADMS®-SmartSOKURYO」を、全国の建設会社や測量会社向けに提供するクラウドサービス。


日立システムズ、JICAがフィリピンで実施したドローンによる橋梁点検の実証実験に参画

日立システムズ、JICAがフィリピンで実施したドローンによる橋梁点検の実証実験に参画

株式会社日立システムズは、JICAがフ ィリピンで実施したドローンによる橋梁点検の実証実験に大日本コンサルタント株 式会社などとともに参画、日立システムズがの「ドローン運用統合管理サービス」で、橋梁のドローン画像を基に、3 次元モデルの生成や 3 次元モデル上での劣化箇所の記録などを行なった。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。