三井不動産ほか7社「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」 幕張新都心でドローン宅配など検討

三井不動産ほか7社「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」 幕張新都心でドローン宅配など検討

三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社は3月16日、千葉市幕張新都心の大規模住宅地区となる「幕張新都心若葉住宅地区」で、住宅に加えオフィス・商業をはじめとする複合機能を備えた街づくり「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」を始動すると発表した。


 三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、伊藤忠都市 開発株式会社、東方地所株式会社、株式会社富士見地所、袖ヶ浦興業株式会社の 7 社は、千葉市幕張新都 心最後の大規模住宅地区となる「幕張新都心若葉住宅地区」(以下、幕張若葉地区)において、住宅に加 えオフィス・商業をはじめとする複合機能を備えたミクストユースの街づくり『(仮称)幕張ベイタワー ズプロジェクト』を始動すると発表した。
 本プロジェクトの主な特長は「全米一住みたい街」ポートランドをモデルにした、新しい“豊かさ”を実現する街づくりで、この中で国家戦略特区としてドローン活用などの「次世代の生活インフラ」構築を推進していく。
 千葉市は幕張新都心を 中核とする近未来技術を活用した街づくりを目指しており、 現在様々な先端技術の実践活用を検討している。具体 的には、本プロジェクトエリア内における生活必需品や医 薬品の「ドローン宅配」の検討や、幕張新都心内の公道(車 道・歩道)を利用した「自動運転モビリティ」運行サービ スなどの実現に向け、様々な分野の英知を結集した官民共 同での実証実験を開始している。

 本プロジェクトは、10年以上 に渡って、総面積17万5,809m²の8区画に約4,500戸 の住宅機能を整備し、約1万人 が暮らす街を開発するもの。複合機能やICTの活用による次世代生活インフラをもとに、多様化するライフスタイルに対応した、未来志向の新しい暮らし方を提案・応援する “ライフ・ イノベーション・タウン” を目指す。なお、分譲住宅事業の第 1 弾として『(仮称)幕張 B-7 街区タ ワー&レジデンス』の販売を 2017 年 11 月下旬に予定してる。

この記事のライター

最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。