ドローン市場から産業動向、海外事情まで インプレス総研が『調査報告書2017』を23日発売

ドローン市場から産業動向、海外事情まで インプレス総研が『調査報告書2017』を23日発売

 IT関連メディア事業を展開するインプレス(本社・東京)のシンクタンク部門、インプレス総合研究所は、2016年度の国内ドローンビジネスの市場規模は353億円で、前年度の175億円から102%増加の見込みとの調査結果を発表した。同社は調査結果をまとめた『ドローンビジネス調査報告書2017』を3月23日に発売する。


国内市場、2016年度の353億円から2022年度は2116億円に

 調査報告書は、インプレス総合研究所が、ドローン関連ビジネスを展開する企業30社以上を取材し、市場規模、ビジネスや行政、法規制、技術などを網羅した。
 ドローンビジネス市場は、「機体市場」(軍事用を除く完成品機体の国内販売額)、「サービス市場」(ドローン活用業務を提供した企業の売上高など)、「周辺サービス市場」(消耗品、メンテナンス、人材育成、任意保険)の3分野で構成されると規程。市場全体の規模は、2017年度に533億円、2022年度には2116億円に拡大が続くと見込んだ。
 3分野を個別にみると、2016年度の353億円のうち、「機体市場」は134億円、「サービス市場」は154億円で、2017年度は、「機体市場」が200億円、「サービス市場」が221億円と見込んでいる。
 また、2022年度には「サービス市場」が1406億円と今後大きく拡大し、ドローンビジネス市場全体2116億円の66%を占めると推計している。
調査報告書にはこれらの市場概況のほか、第2章で、農業、土木・建設、点検、搬送物流、倉庫工場など36の産業分野ごとに、ドローンの活用状況、課題、可能性を分析。第3章で、ドローン関連企業を「ハードウェア」、「サービス・ソリューション提供」「通信事業者」などに分類し、23社の動向を紹介している。第4章は「海外のドローンユーザー向けサービス」として、株式会社CLUEが執筆した『世界のドローンビジネス調査報告書2017』の一部を再編集して収録した。
 報告書はA4版、296ページ。CD版は85000円(税別)、CD+冊子版は95000円(同)。
 詳細は同社WEBサイトまで。https://r.impressrd.jp/iil/drone2017

【図表1】国内のドローンビジネス市場規模の予測
出所:インプレス総合研究所作成

【図表2】サービス市場の分野別市場規模
出所:インプレス総合研究所作成

この記事のライター

関連する投稿


'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

'インプレス総合研究所、2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円

インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向の調査結果を発表した。


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


do とインプレスが『ドローン鳥瞰空撮カレンダー 2018』プロジェクトを開始〜あなたの空撮画像をカレンダーに〜

do とインプレスが『ドローン鳥瞰空撮カレンダー 2018』プロジェクトを開始〜あなたの空撮画像をカレンダーに〜

IT 関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(東京 都千代田区)とドローン専門ビジネスプラットフォーム事業を 展開する do 株式会社(東京都千代田区)は共同で、 日本全国のドローンパイロットによる空撮カレンダーを制作するプロジェクトを開始したと発表した。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。