著名論客がドローン論を熱弁! 郡山で「福島ドローンサミット」開催 

著名論客がドローン論を熱弁! 郡山で「福島ドローンサミット」開催 

 ドローンに関わる産学官の論客が最新動向を語る「福島ドローンサミット」(主催:株式会社スペースワン)が3月18日(土)、郡山地域職業訓練センター(福島県郡山市)で開かれた。会場は連休にも関わらず、約70人の来場者で満席となり、登壇者の話に耳を傾けた。


北島室長、佐々木代表、古谷教授が講演、司会はササモモさん

 前半は、論客が取り組んでいる事業、研究などについて講演が行われた。それぞれ講演。司会はドローンの魅力を発信する女子チーム、「ドローンジョプラス」代表・佐々木桃子さんが務めた。
 福島県商工労働部ロボット産業推進室室長・北島明文氏は、ドローン産業への期待されている理由について、既得権益がない、参入障壁が低い、産業の裾野が広い、地方が有利、の4点を指摘。「20万円にくらべて格段に安くなった。これを使ってサービス提供、カメラなどのオプション機器、操縦訓練、通信インフラ、クラウド、法律事務所」など関連業務が幅広くさらい広がる」と可能性の大きさを説明した。
 トライポッドワークス株式会社(仙台市)代表取締役社長・佐々木賢一氏は、山形・蔵王、岩手・猊鼻渓などのプロモーション用の動画を投影しながら、ドローンの価値について「それまでX―Y軸の平面で活動してきた人間が、高さというZ軸を手に入れたということ」と強調。「これまで見られなかったか、見るには高額な費用と多くのスタッフが必要だった視点を得ることができる」と力説した。
 そして「ドローンは人が飛ばすのが本質ではない。自動で飛んでこそその本領を発揮する。これから、いま想像できない使い方が生まれると思う」と期待を表明した。
 慶應義塾大学総合政策学部教授(ドローン社会共創コンソーシアム代表)・古谷知之氏は、現在お取り組みを、ドローンが社会に貢献することが当然となる「ドローン前提社会」の構築であると紹介。具体的には技術、社会応用、人材育成の3本柱であると説明した。
 人材育成では、包括的な〝ドローン連携〟を締結している福島県田村市の県立船引高校で31人の生徒を対象に開催してきたドローン特別講座の取り組みを事例として紹介。「「人材育成を進めたうえで、その地域で地元企業などを有機的に関係づけるコンソーシアムを構築することも効果的。ドローン前提社会を作るのにカギを握るビジネスの生態系を築く取り組みを進めたい」と述べた。

福島県商工労働部ロボット産業推進室室長・北島明文氏

トライポッドワークス株式会社代表取締役社長・佐々木賢一氏

慶應義塾大学総合政策学部教授(ドローン社会共創コンソーシアム代表)古谷知之氏

慶大特任助教で、ドローン社会共創コンソーシアム事務局長の南政樹氏は、人材育成について説明を求められて登壇し、田村市の事例を紹介した

活発な意見交換が行われたパネルディスカッション

この記事のライター

関連する投稿


第3回福島ドローンサミットは3月17日に開催 郡山ドローンパークでは夜間飛行練習会も

第3回福島ドローンサミットは3月17日に開催 郡山ドローンパークでは夜間飛行練習会も

ドローン関連業界の第一線で活躍する論者が最新事情を披露する「第3回福島ドローンサミット」が3月17日、福島県郡山市で開催される。講演3本と、パネルディスカッションが行われる。入場は無料。また開催に合わせ、株式会社SkyBeeは、同社が運営するドローン飛行練習場、「郡山ドローンパーク」で夜間飛練習会を開催する。


「ドローンで飯が食えるか」に全員が「YES」! 第2回福島ドローンサミット郡山市で講演とパネル開催 19日にはワークショップ

「ドローンで飯が食えるか」に全員が「YES」! 第2回福島ドローンサミット郡山市で講演とパネル開催 19日にはワークショップ

 ドローン業界の論陣をリードする第一人者らが最新動向を披露する「第2回福島ドローンサミット」(主催:株式会社スペースワン)が18日、郡山市労働福祉会館大ホールで開幕した。初日は講演とパネルディスカッションが行われ、会場集まった85人の来場者が登壇者の話に熱心に耳を傾けた。


第2回福島ドローンサミット、11月18日,19日に郡山で開催

第2回福島ドローンサミット、11月18日,19日に郡山で開催

 ドローンの研究者、開発者、事業関係者らが集まり意見を交換し交流を深める「第2回福島ドローンサミット」が11月18日(土)、19日(日)、福島県郡山市で開かれる。初日には第一線で活躍する産業、行政、学問各会の論客らによる講演と懇親会、2日目にワークションップ「ドローンサミットSTUDY」が開かれる。


「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

 ドローンの主な論客が登壇する「福島ドローンサミット」が3月18日(土)、郡山地域職業訓練センター(福島県郡山市)で開かれる。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。