【慶大×田村市】船引高ドローン講座ついに修了式! 「経験を進学や就職の武器に!」

【慶大×田村市】船引高ドローン講座ついに修了式! 「経験を進学や就職の武器に!」

 慶應義塾大学が〝ドローン連携〟の一貫として取り組んできた福島県立船引高校(福島県田村市)でのドローン特別講座は3月18日、第6回の講座を開催し、予定していた一連の講座を修了した。参加した31人は、高校でドローンを学ぶという全国的にも珍しい経験を武器に、これからのキャリアをデザインすることになる。


上映会、発表会、モデルレース・・・各班が成果を披露

地域課題解決班は、各自が関心のあるテーマに沿って調べ上げたドローンの課題解決法を、全力で発表

 この日は、「空撮」「地域課題解決」「レース」の各班が、それぞれの成果を披露した。空撮班は2グループに分かれて制作した映像作品を上映。それぞれ、田村市の魅力、船引高校の生活をテーマに、空撮映像をまじえて、作品にまとめた。まとめた作品はコンテストにも出品するなど、ドローンに初めて触れてから3か月たたずに成果を出した。
 「地域課題解決」では、ドローンを活用した課題解決について、テーマごとに発表。農業をテーマにした生徒は、手間がかかったり、高価な農機具など高コストにたえなければならなかったりといった農業の構造的な課題を、ドローンが解決できる可能性があることについて熱弁をふるった。このほかドローンに赤外線カメラを搭載することで、多くの課題を解決できることを、演技力たっぷりに発表したり、水質調査にもドローンが役立つことを、資料を投影しながら披露したりして、見学者、市の関係者をうならせた。

モデルレースには実際のドローンレース経験を持つ慶大の小原志優さんも参戦!

 「レース」では、自分達でレースのコースをつくり、それまでの練習の成果を披露する最終レースに臨んだ。決戦には、慶大のドローンチーム、KARTで活躍した経験がある慶大生の小原志優さんも参戦。百選錬磨の小原さんが圧勝したが、見学者からは「選手として見所のある生徒もいた」という声も上がった。

校庭で「マトリス600」がフライト

 またこの日は、生徒の指導にも参加してきた、ドローンのインストラクターで、株式会社スペースワンの小林康宏社長が、産業用ドローンの「マトリス600」を持参し、生徒の前で、デモフライトを披露した。大きな機体が浮かび上がると、生徒達から歓声が上がった。「マトリス600」にとりつけたズームカメラから送られてくる映像がモニターに映し出されると、口々に「あの山頂の鉄塔がこんなに大きく見える」などと興奮気味に話していた。
 隣で練習中の野球部が、マトリスや、同時に飛ばしたファントム4に見入る場面もあった。

産業用ドローン「マトリス」の大きな機体に興味津々の生徒たち

マトリスが船引高校の校庭でフライト!

「可能性は自ら作れる」南先生から生徒に送る言葉

ドローン特別講座を指導してきた南政樹慶大特任助教が生徒に送る言葉を披露。生徒は真剣に聞いていた

 指導をとりまとめてきた南政樹慶大特任助教は、「就職や進学の武器にしてほしい。そして、仕事を作る仕事にことも考えてくれたらもっとうれしい。これからは、これまでの前提が変わります。みなさんは可能性を自ら作り出せます。そして、これまでの当たり前を、これからも当たり前である、などとは思わないでほしいと思います」と話しかけた。
 特別講座は修了したが、慶大は今後も、田村市や船引高校との関係を維持し、ドローンの利活用に向けた取り組みを進めていく。

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 船引高校

関連する投稿


慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム代表の古谷知之総合政策学部教授が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で開かれたオープンキャンパスで、来場した将来の学生や同伴者向けにドローンに関する模擬授業を行った。ドローンの可能性や、研究の役割などについて約40分間熱弁し、会場を魅了した。


【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は6月10日、市内の県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の第2期開講式を田村市役所で開いた。受講生に1年生7人が新たに加入。先輩から操縦法を身に付け、利活用を学ぶ。慶大と市は特別講習を核に、同市を「ドローンの聖地」に定着させる取り組みを展開する。


【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は、市内にある県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の「成果発表会」と、新年度特別講座の開講式を6月10日(土)、田村市役所内で実施すると発表した。ドローン普及活動を展開している「ドローン女子」代表のササモモさんも講演する。観覧は無料。


【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

 慶應義塾大学と〝ドローン連携〟を締結している福島県田村市で、県立船引高校のドローン特別講座が節目を迎えています。昨年12月21日に初めてドローンを見てから、2か月と少しで、空撮班はそれまで学んだことを、動画作品としてまとめました。空撮班の石井新一さん(2年)は、それまでどう過ごしてきたか、日記に綴っています。


最新の投稿


PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCコンサルティングがドローンビジネス 2017セミナーを開催

PwCあらた有限責任監査法人は、都内で「ドローンビジネス 2017~テクノロジー、ビジネス、規制 最新情報~」と題するセミナーを開催した。今年で2回目となる同社のセミナーは、前回を上回る来場者となり産業用ドローンへの注目度の高さが伺われた。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。



「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI」7/1~2

ゼビオアリーナ仙台にて開催


米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米国時間6月22日に公開された特許で、米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した多層構造の高層型ドローン物流センターの構想が明らかになった。