ドローンが米国や中国などで59名の人命を救助=DJIレポート=

ドローンが米国や中国などで59名の人命を救助=DJIレポート=

DJIは、Lives Saved:A Survey of Drones in Action(人命救助:ドローンの実態調査)と題するレポートを発表した。レポートによれば、ドローンは米国や中国などで18件の事例を通して、59名の人命を救助した。


毎週1名の命を救うドローンの活躍

DJIのレポートに記載されている18件の事例は以下のようになる。

カナダ   2013年 3月 9日  1名 
      赤外線カメラが雪原で人間を見つける
アメリカ  2015年 3月17日  4名 
      ボランティアがドローンで4名の救助を補佐
アメリカ  2015年 6月30日  2名 
      ドローンが10代の子供にライフベストとロープを空輸
中国    2015年11月 8日 14名 
      大雨で閉じ込められた労働者に救助物資を空輸
中国    2016年 5月 5日  6名 
      洪水で取り残された人々にライフジャケットや食料を空輸
アメリカ  2016年 6月21日  1名 
      草に埋もれて行方不明の女性をドローンで発見
アメリカ  2016年 7月13日  2名 
      心臓発作で苦しむ祖父と孫娘をドローンが発見
アメリカ  2016年 8月24日  1名 
      カヤックで行方不明になった人を捜索
中国    2016年 8月26日  3名 
      洪水で取り残された人をドローンで発見
中国    2016年 9月 1日  3名 
      洪水で孤立した兵士をドローンで捜索
アメリカ  2016年 9月17日  1名 
      行方不明のハンターと愛犬をドローンで発見
アメリカ  2016年10月 9日  1名 
      ハリケーン・マシューで家に取り残された人をドローンで撮影
カナダ   2016年10月14日  1名 
      認知症の男性を夜のとうもろこし畑で発見
UAE   2016年10月27日  2名 
      熱センサーやブイを備えたドローンが海岸で人命を救助
中国    2016年11月26日  1名 
      行方不明のハイカーをドローンデ発見
アメリカ  2017年 1月14日  2名 
      熱センサーを搭載したドローンが夜間にカヤックを発見
トルコ   2017年 2月15日 10名 
      降雪地帯で行方不明の撮影スタッフを発見
カナダ   2017年 2月20日  4名 
      行方不明のスキーヤーとスノーボーダーを発見

 最初の事例が2013年となっているが、2016年3月から2017年の2月までの42週間では、38名の人命が救助されている。概ね一週間に1名の命がドローンによって救われた計算になる。日本でも山岳救助や冬山での遭難者を探すための実証実験などが行われているが、今後も世界各国で災害救助や行方不明者の発見で、ドローンがより多くの人命救助に寄与していくだろう。

中国のニュースサイトに掲載された救助の様子

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、事業部門のバイスプレジデントを務める Roger Luo(ロジャー ルオ)が新たにプレジデントに就任したと発表した。Luo氏は、革新的 なドローンとカメラアプリケーションの需要が急激に拡大するグローバル市場において、DJI の事業展開に注力するとしている。


DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、株式会社ポケモン(:東京都港区)が 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に参加し、Spark による空撮セルフィーを体験できる「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を、MARK ISみなとみらいで、8 月15 日まで開催。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

1万円から6万円台の入門用ドローンの種類がわかったところで、基本的な飛行方法について紹介しよう。ドローンがホビーからビジネスでの利活用まで注目されている理由は、「簡単に飛ばせる」ことに尽きる。模型飛行機やラジコンヘリとは違い、初心者でもすぐに飛ばせる手軽さが、ドローンの最大の魅力だ。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。