中国の国内ドローン配送テスト・運用は約500回…アリババと京東が商用化に注力

中国の国内ドローン配送テスト・運用は約500回…アリババと京東が商用化に注力

 中国政府が集計した公式資料によると、昨年1年間(2016年)、中国国内で行われたドローン宅配の事例が、500件余りにのぼることがわかった。主に山岳地域にある地方の小都市や、道路インフラの整備が進んでいない地域で、ドローン配達のテスト・運用が進んだ。


 ドローン宅配が商業的に成功をおさめることができるか否かについて、中国や世界各国では、技術的にふたつの角度から議論が進んでいる。ひとつは、ペイロード=最大積載重量の問題、もうひとつはフライト時間の問題だ。すでに市場にあるドローンの多くは、1kgほどの重量しか積載できない上に、最大飛行時間も20〜30分が限界。電池交換や充電を頻繁に繰り返さなければならない。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/8153

この記事のライター

関連するキーワード


中国

関連する投稿


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


Stef Hofferさんのドローン空撮映像が見せる多様な中国

Stef Hofferさんのドローン空撮映像が見せる多様な中国

これ全部、ひとつの国。Stef Hofferさんによるこちらのドローン映像。ただ見た目が美しいだけでなく、すぐ近くの中国がいかに色んな表情を持っているか考えさせてくれます。


進化する中国ドローン

進化する中国ドローン

商用、ホビー用ともにドローン市場で大きなシェアを持つDJI。そのドローンの進化には、目を見張るほどだ。2016年前半に発売された「Phantom 4」には、実に90個を超えるチップが使われている。


最新の投稿


DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN、本社オフィスの品川移転のお知らせ

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜)は、従業員増加と事業拡大に対応す るため、2017 年 5 月 8 日(月)より本社を品川へ移転し、業務を開始することになった。


エンルート、本社移転・営業開始日のお知らせ

エンルート、本社移転・営業開始日のお知らせ

株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:瀧川正靖、 以下エンルート)はこのたび、 業務の拡大に伴い本社を下記住所に移転し、 2017年5月8日より営業を開始することになった。


doとスペースマーケットが飛行可能な空きスペース活用でドローンサービスを展開

doとスペースマーケットが飛行可能な空きスペース活用でドローンサービスを展開

ユニークなスペースをネットで簡単に借りられる「スペースマーケット」と、空撮や体験会などの様々なドローンサービスが予約できる「drone market β版」が連携発表


アマナドローンスクール 5月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座

アマナドローンスクール 5月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座

ご好評につき5月の説明会決定!JUIDAライセンス取得講座説明会(先着60名様募集中)&ドローン体験会 (先着30名様)


開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

オープンソースのフライトコントローラーとして、多くのドローンに搭載されているPixhawkの最新版となるPixhawk 3 Proがdrotek社のサイトで、開発者向けの販売を開始した。