エンルートが札幌支店開設

エンルートが札幌支店開設

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市)は、 業務の拡張に伴い札幌支店を開設し3月20日より業務を開始すると発表した。 支店長には宮下幹人氏が就任する。


 株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市)は、 業務の拡張に伴い下記住所に札幌支店を開設し3月20日から業務を開始すると発表した。 支店長には宮下幹人氏が就任する。
 エンルート札幌支店の開設を機に、 今後北海道におけるスマート農業の推進を始めとする様々な分野に向けての細やかなソリューションを提供していく。

■エンルート札幌支店
住所:〒004-0015 札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目1-10
札幌エレクトロニクスセンター 317号室
支店長:宮下 幹人
TEL:011-802-6570 FAX:011-802-6579
E-mail miyashita@enroute.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸)の自社オリジナルブランド、 Zion(ザイオン)製品の7機種が、 国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請にで、 「資料の一部を省略することができる無人航空機」として認定された。


エンルートが革新的な液剤・粒剤散布ドローンを発表

エンルートが革新的な液剤・粒剤散布ドローンを発表

株式会社エンルート(代表取締役社長 伊豆智幸)は、 2017年春の発売に向けて、 農業を中心とした液剤散布用ドローン、 Zion(ザイオン)AC1500(以下AC1500)を完成させた。


JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

JUIDAが「バルーン・ドローン」をデモフライト =ロボットワールドEXPO=

 販促マーケットの国際的な見本市の「プレミアム・インセンティブショー春2017」が開催され、ロボットによる販促・広告・広報マーケットが注目されていることから同会場内で「ロボットワールドEXPO」が特別企画として展示された。企画展示ではJUIDAによるバルーン・ドローンのデモフライトが行われた。


大盛況の第1回ロボデックス展 ドローン活用の展示にも注目集まる

大盛況の第1回ロボデックス展 ドローン活用の展示にも注目集まる

第1回目となるロボデックスが開催され、ドローン関係の出展は少なかったものの、福島県が福島ロボットテストフィールドについて紹介、また産業用ドローンメーカーのエンルートとエンルートM’sもドローンを使った各種ソリューションを展示し注目集めていた。


ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

ドローンコラム: 過疎地の“買い物弱者”を救え! 夢と笑顔運ぶドローン

 ドローンが、ほしいものを自宅まで届けてくれる、そんな日が近づいている。外出が難しい高齢者や障害者、近所にスーパーやコンビニエンスストアがない過疎地の住民といった“買い物弱者”の問題を解決するための実証実験が各地で始まっている。


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。