エンルートが役員人事及び事業再編 株式会社エンルートラボを設立

エンルートが役員人事及び事業再編 株式会社エンルートラボを設立

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸、 以下エンルート)は、 ドローンを始めとする無人航空機、 無人車両等に於ける先端技術の研究・開発の機能を強化し営業推進・サービス提供体制を強化する為、 役員人事の変更及び事業再編を発表した。


~営業機能と研究・開発機能の分離に伴う株式会社エンルートラボの設立について~

 エンルートは、 2017年4月1日付で代表取締役社長を伊豆智幸から瀧川正靖に交代する役員人事を内定した。 現代表取締役社長の伊豆は、 エンルートの技術顧問に就任するとともに2017年4月に新たに設立予定の株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸、 以下エンルートラボ)の代表取締役に就任する予定。

 エンルートラボは、 人工知能技術を用いた自動運転システムを産業分野に使えるロボット技術として提供することを目指し、 ディープラーニング、 フライトコントローラー、 センサー、 通信システム、 クラウドコンピューティングに関する技術開発を事業の柱とする。 また、 技術開発に必要な試験運用を行う体制も整えており、 実地での運用試験などにも対応をしていく。

 今後は、 エンルートラボにおいて開発した先端技術を活かしたサービスをエンルート及びパートナー企業である株式会社エンルートM’s(本社:福島県福島市西中央2-21、 代表取締役:辺見俊彦 以下エンルートM’s) が顧客のニーズに合わせたソリューションの開発及び提供をしていく。

<株式会社エンルート 代表取締役社長 略歴>

瀧川 正靖 (たきがわ まさやす)
生年月日:1962年2月7日
最終学歴:1984年3月 上智大学卒業

職 歴
1984年 4月  伊藤忠商事(株) 入社
1985年 6月  日本通信衛星(株)(現 スカパーJSAT(株))出向
1992年 5月  伊藤忠商事(株) 通信事業部衛星通信事業課
1997年 4月  日本デジタル放送サービス(株)(現 スカパーJSAT(株))出向
2000年 4月  伊藤忠商事(株) コンテンツビジネス部 メディア事業課長
2001年 4月  同社 ネットワーク・コンテンツ部 メディア事業課長
2003年10月  同社 ネットワーク・コンテンツ部 コンテンツプロデュース事業課長
2007年 5月   (株)石森エンタテインメント(現 (株)石森プロ) 常務取締役
2010年 6月   (株)石森プロ 取締役副社長
2013年 4月   (株)スペースシャワーネットワーク 執行役員
2013年 6月   (株)スペースシャワーネットワーク 取締役執行役員

この記事のライター

関連する投稿


エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役:伊豆智幸)は、 海洋で用いるドローン活用促進のため「一般社団法人 日本海洋ドローン協会」を設立、 活動支援する。


埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

 産業用ドローン事業を手掛ける株式会社エンルート(埼玉県朝霞市)は8月25日、埼玉県の上田清司知事の訪問を受けた。これは上田知事が県内の企業を訪問して、経営者や企業関係者と直接、意見交換をする「とことん訪問」の一環で、上田知事はドローンのフライトを視察したり、取り組みや市場環境についての説明を受けたりした。


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

「ユーザーのニーズをワンストップで」 新生エンルートの展望は⁉ 瀧川社長を直撃!

 国内ドローン大手、エンルートが、新本社での事業を5月に開始し新体制として本格的にスタートを切った。2006年の創業以来経営を率いてきた伊豆智幸氏は経営から退いて技術顧問に就任。社長を継いだ瀧川正靖氏は、「開発、設計から販売、保守、スクール運営までユーザーにワンストップでサービスを提供する」と利便性を追求する方針だ。


世の中の役に立つモノを創ればビジネスになる〜エンルートラボ:伊豆智幸氏〜

世の中の役に立つモノを創ればビジネスになる〜エンルートラボ:伊豆智幸氏〜

株式会社エンルート社を創業した伊豆智幸氏は、同社の技術顧問に就任すると同時に、新たに株式会社エンルートラボを起業した。人工知能を用いた自動運転システムやロボット技術で、新たなビジネスを切り拓く同社のビジョンを伊豆氏に聞いた。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。