Japan Drone 2017 Meetup(ドローン交流会)を開催 3月24日渋谷

Japan Drone 2017 Meetup(ドローン交流会)を開催 3月24日渋谷

ドローン業界最大級のミートアップイベントを、「Japan Drone 2017」の会期中の3月24日(金)の夜に渋谷で開催。


今回は「Japan Drone 2017」の後援を受けて、さまざまな企画をご用意。「Japan Drone 2017」のトピックスを総括するパネルディスカッション、海外ゲストによるプレゼンテーション(通訳スタッフを複数用意しておりますので、外国語に不安がある方も積極的に交流していただければ幸いです!)、飛び入り参加歓迎のライトニングトークなど、多数のコンテンツで皆さまをお迎えします。

交流会ではお酒と軽食を用意しますので、参加者同士で気軽に交流しましょう!

◆日時
2017年3月24日(金) 19:30-22:00 開場 19:00

◆場所
株式会社mixi イベントスペース
〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
Google Map : https://goo.gl/maps/h9D5A2MgMno

・JR「渋谷駅」東口より 徒歩8分
・各線 「表参道駅」B1出口より 徒歩10分

◆タイムライン
19:00-19:30 開場
19:30-19:35 オープニング
19:35-20:10 パネルディスカッション 「Japan Drone 2017」のトピックスを総括
20:10-20:50 海外ゲストプレゼンテーション アジアのドローン業界で何が起きているか
20:50-21:50 交流会(ドリンク・軽食あり) 飛び入りライトニングトーク大歓迎!
21:50-22:00 クロージング・閉場

情報提供元:Peatix
http://japan-drone-2017-meetup.peatix.com/

この記事のライター

関連するキーワード


Japan Drone 2017

関連する投稿


【Japan Drone 2017】まとめ  産業用ドローン元年を実感する充実の展示会

【Japan Drone 2017】まとめ  産業用ドローン元年を実感する充実の展示会

3月23日から25日までの3日間。幕張メッセで開催された第2回Japan Drone 2017は、DJI Japanの呉社長が基調講演で宣言していたように、まさに「産業用ドローン元年」を実感する展示会だった。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。


【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

日本、アジア、北米、欧州など世界のドローン産業の可能性とビジネスモデルの将来について、各国を代表するパネリストが、それぞれの立場から意見を述べた。


【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

【基調講演】NASAの低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について

Japan Drone 2017、2日目の基調講演は、アメリカ航空宇宙局(NASA) エイムズ・リサーチセンター シニアテクノロジストのパリマル・コパーデカー博士が、「低空域におけるUAS(ドローン)の安全な運行手法について」ビデオで講演した。


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。