エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 2017年3月17日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。


エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 本日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。

  「JEITA ベンチャー賞」は、JEITA ベンチャー賞の審査委員会が、成長性・先導性、波及性、社会性の3つの視点から技術産業の総合的な発展、経済発展に貢献しうる創業後15 年以内のベンチャー企業(他薦)を審査・選考し、表彰している。第2回では他薦の あった18社の中から7社が選定され、エアロセンスも対象として受賞した。

 受賞理由は、自律型無人航空機によるセンシングとクラウドによるデ ータの処理、管理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売を行っていることが評価された。
 具体的なソリューション例として、1)「南三陸町震災復興事業」で、従来手法 1/3 の工期で 90ha 全域の工事進捗の定量化、可視化を実施したこと、2)福島第一原子力発電所事故による 160 カ所の除染した除去物の仮置き場の点検のための上空からの撮影を 1 区画あたり 30 分程 度で実現したこと、3)UAV 測量ワークフローの完全自動化を実現したことなどが挙げられる。審査では今後の高齢化社会に必 要とされている新たなソリューションを提供し、今後この分野でのさらなる貢献 が期待されるとした、

この記事のライター

関連する投稿


産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


エアロセンスがAEROBO® SolarPower(エアロボソーラーパワー)ソリューション の提供を開始

エアロセンスがAEROBO® SolarPower(エアロボソーラーパワー)ソリューション の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 「AEROBO® Cloud」(エアロボクラウド)と自律飛行型ドローンを組み合わせた AEROBO®測量と AEROBO®点検をパッケージ化し、太陽光発電所の計画策定(地形測量)からパネル点検までをワンストップでサポートする。


米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

エアロセンス株式会社(東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)と、スウィフト・エンジニアグ株式会社(カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)は、千葉でVTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンSwift 020の国内初となるデモフライトを11月7日に行った。


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。