エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 2017年3月17日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。


エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 本日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。

  「JEITA ベンチャー賞」は、JEITA ベンチャー賞の審査委員会が、成長性・先導性、波及性、社会性の3つの視点から技術産業の総合的な発展、経済発展に貢献しうる創業後15 年以内のベンチャー企業(他薦)を審査・選考し、表彰している。第2回では他薦の あった18社の中から7社が選定され、エアロセンスも対象として受賞した。

 受賞理由は、自律型無人航空機によるセンシングとクラウドによるデ ータの処理、管理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売を行っていることが評価された。
 具体的なソリューション例として、1)「南三陸町震災復興事業」で、従来手法 1/3 の工期で 90ha 全域の工事進捗の定量化、可視化を実施したこと、2)福島第一原子力発電所事故による 160 カ所の除染した除去物の仮置き場の点検のための上空からの撮影を 1 区画あたり 30 分程 度で実現したこと、3)UAV 測量ワークフローの完全自動化を実現したことなどが挙げられる。審査では今後の高齢化社会に必 要とされている新たなソリューションを提供し、今後この分野でのさらなる貢献 が期待されるとした、

この記事のライター

関連する投稿


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

7月12日。エアロセンス株式会社(本社:東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)は、スウィフ スウィフト・エンジニアグ株式会社(本社:カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)と、VTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンを国内で事業化すると発表した。


エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。