エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンスが第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 2017年3月17日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。


エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 本日、電子情報技術産業協会(JEITA)より第 2 回「JEITA ベンチャー賞」を受賞した。

  「JEITA ベンチャー賞」は、JEITA ベンチャー賞の審査委員会が、成長性・先導性、波及性、社会性の3つの視点から技術産業の総合的な発展、経済発展に貢献しうる創業後15 年以内のベンチャー企業(他薦)を審査・選考し、表彰している。第2回では他薦の あった18社の中から7社が選定され、エアロセンスも対象として受賞した。

 受賞理由は、自律型無人航空機によるセンシングとクラウドによるデ ータの処理、管理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売を行っていることが評価された。
 具体的なソリューション例として、1)「南三陸町震災復興事業」で、従来手法 1/3 の工期で 90ha 全域の工事進捗の定量化、可視化を実施したこと、2)福島第一原子力発電所事故による 160 カ所の除染した除去物の仮置き場の点検のための上空からの撮影を 1 区画あたり 30 分程 度で実現したこと、3)UAV 測量ワークフローの完全自動化を実現したことなどが挙げられる。審査では今後の高齢化社会に必 要とされている新たなソリューションを提供し、今後この分野でのさらなる貢献 が期待されるとした、

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、自律型固定翼ドローン(VTOL)の離島間飛行実験が石垣島で成功

エアロセンス、自律型固定翼ドローン(VTOL)の離島間飛行実験が石垣島で成功

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と石垣市 (市長:中山義隆)は、3 月 4 日に石垣市において、将来的な物資輸送及び広範囲な測量や点検 を想定した飛行実験を自社製の自律飛行・垂直離着陸型の固定翼ドローン(VTOL)で実施し、 成功した。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。


航空機の機体点検にドローン活用 全日空とエアロセンスが実証実験

航空機の機体点検にドローン活用 全日空とエアロセンスが実証実験

全日空とアロセンスは2月14日、大阪空港に隣接する大阪府豊中市の格納庫で、小型無人機「ドローン」による機体点検の実用化に向けた検証作業を実施した。ドローンでの点検を全日空が報道陣に公開するのは初めて。


ANAとエアロセンス、ドローンを活用した機体整備点検作業に向けた検証を開始

ANAとエアロセンス、ドローンを活用した機体整備点検作業に向けた検証を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と全日本空輸株 式会社(東京都港区、以下 ANA)は、ドローンを活用した整備点検作業の実現 に向けた検証を2月14日、伊丹空港隣接のMRO Japan 社敷地内で開始する。


エアロセンスが日本全国における包括目視外飛行承認を取得

エアロセンスが日本全国における包括目視外飛行承認を取得

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、自律型無人航空機において、通信路の確保・飛行空域の安全確認などの所定の運用条件を満たし、目視外飛行の全国オペレーションを可能とする包括飛行承認を取 得したと発表した。今後、自律飛行による広域のモニタリング・遠隔地への物資搬送の実証など 事業の適用範囲を拡大して行く。


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。