JAAドローンパイロットスクールが測量専門ドローンパイロットの養成に連携  i-Constructionへの対応

JAAドローンパイロットスクールが測量専門ドローンパイロットの養成に連携  i-Constructionへの対応

公益財団法人日本航空教育協会の傘下にある「JAAドローンパイロットスクール」では、今後建設業界で導入を進める「i-Construction」への対応を図るため、測量支援ができるドローンパイロットを全国地域活性化支援機構、アジア航測株式会社と連携して育成を行っていくことになりました。


公益財団法人 日本航空教育協会の傘下にある「JAAドローンパイロットスクール」では、今後建設業界で導入を進める「i-Construction」への対応を図るため、当スクール及びJUIDA認定校で既にドローン操縦資格を有する方を対象に、航空測量関連知識や画像解析操作等を学び、測量支援ができるドローンパイロットを全国地域活性化支援機構、アジア航測株式会社と連携して育成を行っていくことになりました。
また、こうした専門性を兼ね備えたパイロットの証として、「用途別飛行証明(建設)」を公益財団法人 日本航空教育協会が発行し、ドローンを飛行させる許可申請に技量証明として利用できるよう推進していきます。

【建設業界でのドローン活用】
建設業界では将来心配される人材不足への対応や、ドローンによる測量を取り入れるなど様々な生産性の向上を目指そうとしています。また国土交通省でも、3Dマシンコントロールなどを使った情報化施工や、ドローン(無人機)及びロボットを使った構造物の点検・補修など、様々なICT(情報通信技術)関連の設計・施工・維持管理技術の導入や開発を進めており、今後の活用が期待されています。
しかし、i-Constructionを円滑に行うためには、正確なデータ取得が必要であり、その為には通常のドローン操縦技術に加え、写真測量を中心とした測量知識や測量士と連携して安全に正確に飛行させる技術が必要となってきます。
…この記事の続きを読む

情報提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/124316

この記事のライター

関連するキーワード


i-construction パイロット

関連する投稿


ソフトバンクC&Sがi-Construction​向け測量補助​システム『Site Scan』紹介セミナーを開催

ソフトバンクC&Sがi-Construction​向け測量補助​システム『Site Scan』紹介セミナーを開催

法人向けにドローンビジネスを開始したソフトバンク コマース&サービス株式会社が、ICTビジネスで培ってきたノウハウをドローンビジネスでも活用し、さまざまな業界で利用できるドローンおよびソリューションの取組を紹介する


テラドローン、建設・測量業者向けに UAV 測量 トレーニング事業開始

テラドローン、建設・測量業者向けに UAV 測量 トレーニング事業開始

国内外でドローン(以下 UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(東京都 渋谷区)は、2017 年 3 月、i-Construction 普及の更 なる加速を図るため、建設・測量業者を対象とし土木測量に特化したトレーニング事業 (OJT/セミナー)を開始した。当初は先進的な取り組みが 進んでいる中部地方にて実施。


DJIが 産業用ドローン「M200」シリーズ発表

DJIが 産業用ドローン「M200」シリーズ発表

 空撮用ドローンで世界をリードするDJIは、同社初となる建設現場や橋梁、鉄塔などのインフラ点検や救難捜索現場などで使用することを目的としたドローン「Matrice200」シリーズを発表した。発売時期は2017年の第2四半期に出荷を開始、価格については言及していない。


トプコンが世界初の画期的なドローン測量システムを開発

トプコンが世界初の画期的なドローン測量システムを開発

世界初*、標定点**がいらないドローンによる測量システムを開発


テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、 2017年2月7日、 宮城県仙台拠点にUAV測量部門の専任者を配置し、 東北支社として強化致した。 レーザーや高精度カメラを活用したドローン測量により、 東北からもCIM/i-Constructionを推進する。


最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。