国内初! 複数のドローンを同時に運行管理 JUTMが南相馬市でデモンストレーション

国内初! 複数のドローンを同時に運行管理 JUTMが南相馬市でデモンストレーション

 ドローンが安全に運行するための環境整備に取り組む一般財団法人総合研究奨励会・日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM、鈴木真二代表)は16日、福島県南相馬市で、異なる複数の事業者が同一エリアで同時にフライトするドローンをぶつからないように管理するデモンストレーションを実施した。


デモンストレーションの運行管理拠点で、状況を解説する中村裕子東大特任助教

ニアミスなどの危険を察しすると運行管理の画面上で赤く警告される。UTMでは危険を管理する仕組みが焦点

 異なる事業者同士が同時にフライトをすることを想定した運行管理の取り組みは国内で初めて。
 参加したのは、株式会社エンルート、Off Line株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、株式会社テレビユー福島、日本郵便株式会社、日立建機株式会社、ヤマトホールディングス株式会社、ワタミ株式会社の9社と、情報通信研究機構(NICT)、産業技術総合研究所(産総研)の2研究機関。このうち7社1機関のドローンがフライトした。
 デモンストレーションでは、いくつかのパターンを組み合わせて実施した。災害時に現場付近を複数のドローンが飛んでいる状況を想定し、防災ヘリが現地に近付いたさいに、ほかのドローンを着陸させたり、異常接近を避けるために搭載したスピーカーから警告を発生させたりした。
 管制システムでは異常接近を検知すると、画面が赤い光り警告する機能を確認した。
 運行管理の拠点となった南相馬市の浦尻公会堂では、JUTMで事務局を担う中村裕子東大助教らが、ドローンの運行状況や、現場の状況、システムの様子を解説した。
 強風で予定していたフライトを控えたり、電波が途切れたりすることはあったが、「想定を超えたといえるようなトラブルはなかった」という。
 UTMは無人機の運航管理システムのことで、今回のデモンストレーションは、ドローンによる空域の利活用が進むのに先立ち、安全確保策が機能するかどうかを確認することを目的に実施した。
 JUTMの鈴木理事長は「低高度の空域の活用が進むにつれて、ニアミス、無線トラブル、セキュリティー、プライバシーなどの悪用を避ける必要性が高まる。今回のデモンストレーションは日本で初めての試みであり、世界的にも注目度が高いものだと思う。有益なデータが取得できたと確信しており、これらをシステムの改善に役立てたい」と話している。

災害対応を想定した共有空域に、損害保険ジャパン日本興亜の災害調査をするマトリス600(右下)と災害物資輸送のヤマハの無人ヘリ(左下)が飛行した=3月16日、福島県南相馬市

この記事のライター

関連する投稿


JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

JUTMが大規模実験! 運航管理の実証と課題抽出 ドクターヘリ飛来で他のドローンに着陸要請も! 

 多くのドローンが空を飛ぶ時代を見据え、上空でぶつからないように管理する運航管理システムを研究、開発する一般社団法人綜合研究奨励会・日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)は10月26日、福島県南相馬市の市街地で、実際に複数のドローンを飛ばし、システムの運用を試す実証実験を実施した。実験には36の団体が参加した。


最新の投稿


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。