【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

 慶應義塾大学と〝ドローン連携〟を締結している福島県田村市で、県立船引高校のドローン特別講座が節目を迎えています。昨年12月21日に初めてドローンを見てから、2か月と少しで、空撮班はそれまで学んだことを、動画作品としてまとめました。空撮班の石井新一さん(2年)は、それまでどう過ごしてきたか、日記に綴っています。


コンテストへの出品を目標にしてきました

 こんにちは、船引高校2年(もうすぐ3年)の石井新一です。先日、卒業式が終わり、私は在校生代表として、しっかりと先輩方に感謝の気持ちを伝えることができました。卒業式の準備の間、ドローン日記を休みました。代わりに書いてくれた和正君(あだ名はカズくん)、本当にありがとう。
 ドローン特別講座では空撮班、レース班、地域課題解決班の3班があり、私たち空撮班はドローンを用いて動画を作成し、ドローンムービーコンテストに出すことを目標に取り組んできました。
 これから私たちが歩んできた道のりをご紹介したいと思います。

ドローン特別講座が開かれている福島県立船引高校(福島県田村市)

 まずは材料集めです。
 場所は田村市の協力のもと、学校やあぶくま洞、片曽根山で撮影させていただきました。初めての撮影を片曽根山で行おうとしましたが、ドローンの操縦機とスマホの接続ができず、その日は撮影ができませんでした。学校に戻り、原因を探っていくうちに接続の仕方に問題点があったようだ、ということが分かりました。その後は操作にも慣れて撮影は順調にできましたが、時間がなく急ピッチで撮影をしなければなりませんでした。
 

このときの達成感、嬉しさは言葉にできない

 編集作業では先生に力を借りて行いました。集めた素材から必要なところだけを切り取り、ストーリーを構築しました。音楽もフリーのものから選び、アニメーションや文字をいれて編集することができ、『田村市の魅力』が完成しました。ドローンによる撮影や動画の編集作業は初めてだったのですが、なかなか良い作品に仕上げることができました。このときの達成感、嬉しさは言葉では言い尽くすことができません。
 本当に、本当にドローンの講習を受けて良かったとこの時に強く感じました。

船高愛、田村愛の詰まった動画を是非

 動画は男子チーム、女子チーム1本ずつ作成しました。
 私たち男子チームが作った動画『田村市の魅力』の前半部分は我らが船引高校の動画となっています。田村市唯一の高校であり、「チーム船引」をモットーとして、学校内はもちろん、地域と一体となって様々なことに取り組むことのできる船引高校は田村市の誇れる魅力の1つです。
 そして、後半部分はあぶくま洞や星の村天文台をメインとする田村市の美しい自然です。船高愛、そして田村愛の詰まった動画です。百聞は一見にしかずともいいますので、是非見ていただきたいです。
 動画は目標にしていたコンテストに応募できました。youtubeでも見ることができます。「田村市の魅力」のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=LsIHNhiLg94、女子チームの作成した「Funehiki School Life」のURLは https://www.youtube.com/watch?v=zxfKIPQdGr0となっています。ぜひご覧ください
 空撮による動画作成を通して、ドローンの楽しさだけでなく、様々な可能性を見つけることができたと思います。これからは学んだ知識を生かせるように取り組んでいきます。そして、後輩たちにも継いでいきたいと思います。
 それでは、また次回のドローン日記でお会いしましょう。さようなら。

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 石井新一

関連する投稿


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。