【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

 慶應義塾大学と〝ドローン連携〟を締結している福島県田村市で、県立船引高校のドローン特別講座が節目を迎えています。昨年12月21日に初めてドローンを見てから、2か月と少しで、空撮班はそれまで学んだことを、動画作品としてまとめました。空撮班の石井新一さん(2年)は、それまでどう過ごしてきたか、日記に綴っています。


コンテストへの出品を目標にしてきました

 こんにちは、船引高校2年(もうすぐ3年)の石井新一です。先日、卒業式が終わり、私は在校生代表として、しっかりと先輩方に感謝の気持ちを伝えることができました。卒業式の準備の間、ドローン日記を休みました。代わりに書いてくれた和正君(あだ名はカズくん)、本当にありがとう。
 ドローン特別講座では空撮班、レース班、地域課題解決班の3班があり、私たち空撮班はドローンを用いて動画を作成し、ドローンムービーコンテストに出すことを目標に取り組んできました。
 これから私たちが歩んできた道のりをご紹介したいと思います。

ドローン特別講座が開かれている福島県立船引高校(福島県田村市)

 まずは材料集めです。
 場所は田村市の協力のもと、学校やあぶくま洞、片曽根山で撮影させていただきました。初めての撮影を片曽根山で行おうとしましたが、ドローンの操縦機とスマホの接続ができず、その日は撮影ができませんでした。学校に戻り、原因を探っていくうちに接続の仕方に問題点があったようだ、ということが分かりました。その後は操作にも慣れて撮影は順調にできましたが、時間がなく急ピッチで撮影をしなければなりませんでした。
 

このときの達成感、嬉しさは言葉にできない

 編集作業では先生に力を借りて行いました。集めた素材から必要なところだけを切り取り、ストーリーを構築しました。音楽もフリーのものから選び、アニメーションや文字をいれて編集することができ、『田村市の魅力』が完成しました。ドローンによる撮影や動画の編集作業は初めてだったのですが、なかなか良い作品に仕上げることができました。このときの達成感、嬉しさは言葉では言い尽くすことができません。
 本当に、本当にドローンの講習を受けて良かったとこの時に強く感じました。

船高愛、田村愛の詰まった動画を是非

 動画は男子チーム、女子チーム1本ずつ作成しました。
 私たち男子チームが作った動画『田村市の魅力』の前半部分は我らが船引高校の動画となっています。田村市唯一の高校であり、「チーム船引」をモットーとして、学校内はもちろん、地域と一体となって様々なことに取り組むことのできる船引高校は田村市の誇れる魅力の1つです。
 そして、後半部分はあぶくま洞や星の村天文台をメインとする田村市の美しい自然です。船高愛、そして田村愛の詰まった動画です。百聞は一見にしかずともいいますので、是非見ていただきたいです。
 動画は目標にしていたコンテストに応募できました。youtubeでも見ることができます。「田村市の魅力」のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=LsIHNhiLg94、女子チームの作成した「Funehiki School Life」のURLは https://www.youtube.com/watch?v=zxfKIPQdGr0となっています。ぜひご覧ください
 空撮による動画作成を通して、ドローンの楽しさだけでなく、様々な可能性を見つけることができたと思います。これからは学んだ知識を生かせるように取り組んでいきます。そして、後輩たちにも継いでいきたいと思います。
 それでは、また次回のドローン日記でお会いしましょう。さようなら。

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 石井新一

関連する投稿


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いたところ


【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

 ドローンの発展に奔走するキーマンは2018年をどう展望するのか。慶應義塾大学は2016年12月に福島県田村市と〝ドローン連携協定〟を締結し、高校生にドローン講座を提供するなど田村市の活性化に取り組んできた。活動で中心的な役割を担った南政樹特任助教に次の一手と、業界の展望を聞いた。2回に分けてお届けする。


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。