【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

【慶大×田村市:ドローン日記】ついに動画作品をつくりました!

 慶應義塾大学と〝ドローン連携〟を締結している福島県田村市で、県立船引高校のドローン特別講座が節目を迎えています。昨年12月21日に初めてドローンを見てから、2か月と少しで、空撮班はそれまで学んだことを、動画作品としてまとめました。空撮班の石井新一さん(2年)は、それまでどう過ごしてきたか、日記に綴っています。


コンテストへの出品を目標にしてきました

 こんにちは、船引高校2年(もうすぐ3年)の石井新一です。先日、卒業式が終わり、私は在校生代表として、しっかりと先輩方に感謝の気持ちを伝えることができました。卒業式の準備の間、ドローン日記を休みました。代わりに書いてくれた和正君(あだ名はカズくん)、本当にありがとう。
 ドローン特別講座では空撮班、レース班、地域課題解決班の3班があり、私たち空撮班はドローンを用いて動画を作成し、ドローンムービーコンテストに出すことを目標に取り組んできました。
 これから私たちが歩んできた道のりをご紹介したいと思います。

ドローン特別講座が開かれている福島県立船引高校(福島県田村市)

 まずは材料集めです。
 場所は田村市の協力のもと、学校やあぶくま洞、片曽根山で撮影させていただきました。初めての撮影を片曽根山で行おうとしましたが、ドローンの操縦機とスマホの接続ができず、その日は撮影ができませんでした。学校に戻り、原因を探っていくうちに接続の仕方に問題点があったようだ、ということが分かりました。その後は操作にも慣れて撮影は順調にできましたが、時間がなく急ピッチで撮影をしなければなりませんでした。
 

このときの達成感、嬉しさは言葉にできない

 編集作業では先生に力を借りて行いました。集めた素材から必要なところだけを切り取り、ストーリーを構築しました。音楽もフリーのものから選び、アニメーションや文字をいれて編集することができ、『田村市の魅力』が完成しました。ドローンによる撮影や動画の編集作業は初めてだったのですが、なかなか良い作品に仕上げることができました。このときの達成感、嬉しさは言葉では言い尽くすことができません。
 本当に、本当にドローンの講習を受けて良かったとこの時に強く感じました。

船高愛、田村愛の詰まった動画を是非

 動画は男子チーム、女子チーム1本ずつ作成しました。
 私たち男子チームが作った動画『田村市の魅力』の前半部分は我らが船引高校の動画となっています。田村市唯一の高校であり、「チーム船引」をモットーとして、学校内はもちろん、地域と一体となって様々なことに取り組むことのできる船引高校は田村市の誇れる魅力の1つです。
 そして、後半部分はあぶくま洞や星の村天文台をメインとする田村市の美しい自然です。船高愛、そして田村愛の詰まった動画です。百聞は一見にしかずともいいますので、是非見ていただきたいです。
 動画は目標にしていたコンテストに応募できました。youtubeでも見ることができます。「田村市の魅力」のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=LsIHNhiLg94、女子チームの作成した「Funehiki School Life」のURLは https://www.youtube.com/watch?v=zxfKIPQdGr0となっています。ぜひご覧ください
 空撮による動画作成を通して、ドローンの楽しさだけでなく、様々な可能性を見つけることができたと思います。これからは学んだ知識を生かせるように取り組んでいきます。そして、後輩たちにも継いでいきたいと思います。
 それでは、また次回のドローン日記でお会いしましょう。さようなら。

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 石井新一

関連する投稿


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

 福島県田村市は11日、田村市消防団向けのドローン講習会を開いた。ドローン操作技術を自前で身に着け、いざというときに操作できる技術を身に着けておくことが目的。田村市とドローン連携を結んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長が講師を務めた。


最新の投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

かずら橋は国指定重要有形民俗文化財です。


大山千枚田を空撮

大山千枚田を空撮

千葉県にある棚田・大山千枚田


テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

~愛媛県の原子力防災訓練で利用、ドローンによる避難経路の被災状況の確認に成功~