空飛ぶゆるキャラ「雪丸ドローン」 奈良県王寺町が1600万円かけ製作

空飛ぶゆるキャラ「雪丸ドローン」 奈良県王寺町が1600万円かけ製作

奈良県王寺町が、公式マスコットのイヌのゆるキャラ「雪丸(ゆきまる)」型の小型無人機(ドローン)、「雪丸ドローン」を製作した。中型犬ほどの大きさで、飛行時は4本の脚が歩いているかのように動く精巧なもの。国土交通省によるとドローンと合体した“空飛ぶゆるキャラ”は「前例がない」といい、話題を集めそうだ。


着陸の際は胴体を真下からつかんで降ろす必要がある「雪丸ドローン」

 雪丸は町の観光・広報大使を務めるゆるキャラで、平成25年に誕生。伝承によると聖徳太子の愛犬で、推古天皇の建立と伝わる同町の達磨寺(同町)には「雪丸像」もまつられている。26年の「ゆるキャラグランプリ」では全国の1699体中11位に輝いた。

 雪丸ドローンは全長71センチ、高さ42センチで、重さ約4キロ。町が国の地方創生交付金約1600万円を活用して製作された。

 特別仕様のため、人通りの多い場所を飛行する場合などには国土交通大臣の許可が必要。単独で着地させると壊れてしまう精密な構造といい、飛行させる際はプロの操縦者と設計者、着陸時に真下から胴体を受け止める助手-の3人が必要という。町は今後の活用方法は「検討中」としている。

 完成したPR動画「雪丸散歩」(2分20秒)は、町の上空15メートルほどの高さを雪丸が“空中散歩”しながら、名所を紹介する内容。小型カメラを搭載した別のドローンで、雪丸ドローンを撮影したという。動画は特設サイトで公開している。

産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170309/wst1703090034-n1.html

この記事のライター

最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。