空飛ぶゆるキャラ「雪丸ドローン」 奈良県王寺町が1600万円かけ製作

空飛ぶゆるキャラ「雪丸ドローン」 奈良県王寺町が1600万円かけ製作

奈良県王寺町が、公式マスコットのイヌのゆるキャラ「雪丸(ゆきまる)」型の小型無人機(ドローン)、「雪丸ドローン」を製作した。中型犬ほどの大きさで、飛行時は4本の脚が歩いているかのように動く精巧なもの。国土交通省によるとドローンと合体した“空飛ぶゆるキャラ”は「前例がない」といい、話題を集めそうだ。


着陸の際は胴体を真下からつかんで降ろす必要がある「雪丸ドローン」

 雪丸は町の観光・広報大使を務めるゆるキャラで、平成25年に誕生。伝承によると聖徳太子の愛犬で、推古天皇の建立と伝わる同町の達磨寺(同町)には「雪丸像」もまつられている。26年の「ゆるキャラグランプリ」では全国の1699体中11位に輝いた。

 雪丸ドローンは全長71センチ、高さ42センチで、重さ約4キロ。町が国の地方創生交付金約1600万円を活用して製作された。

 特別仕様のため、人通りの多い場所を飛行する場合などには国土交通大臣の許可が必要。単独で着地させると壊れてしまう精密な構造といい、飛行させる際はプロの操縦者と設計者、着陸時に真下から胴体を受け止める助手-の3人が必要という。町は今後の活用方法は「検討中」としている。

 完成したPR動画「雪丸散歩」(2分20秒)は、町の上空15メートルほどの高さを雪丸が“空中散歩”しながら、名所を紹介する内容。小型カメラを搭載した別のドローンで、雪丸ドローンを撮影したという。動画は特設サイトで公開している。

産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170309/wst1703090034-n1.html

この記事のライター

最新の投稿


試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

試行錯誤公認(⁉)の「サンドボックス特区」導入でドローン普及を! 牧浦土雅氏が熱弁

 ドローンの普及にはルールの抵触を気にせずに試せる〝サンドボックス特区〟を|。社会活動家、社会起業家として知られる牧浦土雅氏が、幕張メッセ(千葉市)で開かれている国内最大のドローンカンファレンス「ジャパンドローン2017」のステージに登壇し〝日本版サンドボックス〟の導入の重要性について熱弁をふるった。


AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie、ポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラを発表

AirSelfie社は本日、スマートフォンと一体化する初めてのポケットサイズの空飛ぶセルフィーカメラ「AirSelfie」 (エアセルフィー) を発表した。同社ウェブサイト (airselfiecamera.com) において特別価格による予約受付を開始。


【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

【基調講演】インテルが目指すドローンテクノロジーの未来

Japan Drone 2017に出席のため来日したインテルのアニール・ナンデュリ副社長が基調講演に23日、登壇した。米国で加速している取り組みを中心に、インテルが目指すドローンテクノロジーの未来について講演した。


長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市がドローンフェス in INA Valley の開催を発表 野生獣の検知(個体認証)にドローン活用

長野県伊那市の白鳥孝市長は、日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2017」で平成29年10月18日から20日までの3日間、伊那市の鹿嶺高原(標高1,800m)で、野生獣の検知(個体認証)をミッションとする協議会を開催すると23日、発表した。


【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

【基調講演】無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?

「ジャパン・ドローン2017」基調講演で、ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士が登壇し「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」について講演した。