グリッドとPwCコンサルティングのドローンによるデータ収集とAIデータ解析サービス事業の業務提携について

グリッドとPwCコンサルティングのドローンによるデータ収集とAIデータ解析サービス事業の業務提携について

株式会社グリッドは、PwCコンサルティング合同会社と業務提携し、ドローンを活用し収集したデータをグリッドのAI(人工知能)機械学習/深層学習フレームワーク「∞ReNom (リノーム)」で解析するサービスの開発・提供においての協業を開始します。


PwCコンサルティングは、多種多様な業種・業界での顧客ネットワークを持ち、グローバル規模でクライアントが直面する経営課題に対し、戦略の策定から実行、問題解決まで、総合的なサービスを提供するコンサルティングファームです。

「∞ReNom (リノーム)」は、グリッドが自社で開発した、深層学習、最適化アルゴリズム、DQN、生成モデルなど実用的アルゴリズムをライブラリとして備えた、ソフトウェアフレームワークです。利用には複雑な設定を必要とせず、データの前処理に必要なユーティリティなども拡充しているため、専門家でなくとも比較的容易に直感的な操作が可能となり、個別に設計する場合に比べ、比較的短い開発期間でユーザーのニーズに合わせたカスタムAIの構築が可能になります。


本提携により、グリッドとPwCコンサルティングは、人々の生活や産業の根幹となる、エネルギー、建設、農業、プラント、公共インフラなどの分野においてドローンを活用することで、人の足では困難な高所や僻地などでも効率よくアクセスし、さまざまな分野のインフラにおいてモニタリング、故障、破損などの自動検知とデータ収集を実施しデータを収集することが可能になります。それにより、低コストでの異変のチェックや設備の自動監視、工程進捗の自動管理のための継続的な点検を実現します。

さらに、収集したデータをAIで解析することにより、データの持つ意味やその背景を推察し、アルゴリズムを駆使して分析予測を行うことで、人間の目視に比べ高精度な解析を可能とします。


グリッドが持つ現実の課題に対応可能なAI技術と高度なデータ分析ノウハウを、PwCコンサルティングが持つドローン分野におけるグローバルな知見と戦略策定の豊富な経験と組み合わせることにより、お客様のビジネスのグローバルな戦略策定と事業推進において、実用的かつ総合的なサービスソリューションを提供し、両社のビジネス拡大に取り組んでまいります。

■GRID ドローンページはこちら





<株式会社グリッドについて>
グリッド社は、世界で数十チームしか開発できない機械学習/深層学習のフレームワーク「∞ReNom(リノーム)」を開発・提供、旧来の統計手法や、Deep Learning、DQN、MP、CVAE、A3Cなど、機械学習に必要な多様なアルゴリズムを組み合わせ、さまざまな分野で社会インフラの課題解決事業を展開する、日本有数のテクノロジーベンチャー企業です。

<PwCコンサルティング合同会社について>
PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

情報提供元:株式会社グリッド
http://www.gridpredict.jp/report/news-20170302/

この記事のライター

関連する投稿


東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(2)

東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(2)

フェノックス2という小型の自律飛行ドローンを開発し販売している本郷飛行機株式会社。同社の代表を務める金田賢哉氏は、日本や世界のメーカーは「夢」をみなくなった、と指摘する。そんな閉塞感のある市場に、同社はドローン開発で培ってきた「知能化」による新たな産業に挑戦している。


東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(1)

東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(1)

2015年12月に設立された本郷飛行機株式会社。同社は、東京大学の大学院を卒業した代表取締役の金田賢哉氏と、今年の春に航空宇宙工学専攻(知能工学研究室)博士課程を卒業する予定の此村 領氏が立ち上げたベンチャー企業。ドローンなどのロボットの開発、ロボットの知能化、及びコンサルティングを主力事業にしている。


PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

PwCコンサルティングとグリッド社、AIによる、ドローンのデータ解析サービスを開始

3月2日。PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)と株式会社グリッド(東京都港区、代表取締役:中村 秀樹、以下、グリッド)は、AI(人工知能)を活用し、ドローンの収集データを解析するサービスにおいて協業を開始した。


ブレインパッド、ドローンで空撮した画像処理にディープラーニングを適用 - エアロセンス社に「ディープラーニング活用サービス」を導入 -

ブレインパッド、ドローンで空撮した画像処理にディープラーニングを適用 - エアロセンス社に「ディープラーニング活用サービス」を導入 -

 株式会社ブレインパッドは、自律型無人航空機(ドローン)による空撮測量サービスを提供するエアロセンス株式会社に、今回、人工知能(AI、*1)のビジネス活用を支援する「機械学習(*2)/ディープラーニング(*3)活用サービス」を導入したことを発表した。


最新の投稿


GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

GoProを250%楽しくするKarma体験レポート(1)

女子高生の間では「デガワカメラ」と呼ばれているアクションカメラのGoPro。そのGoProの活動エリアを空まで広げ、250%は楽しくしてくれるドローンがKarma。白馬で開催されたプレス向けのイベントで初フライトに挑戦した体験レポートをお届けする。


GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoPro、ドローン「Karma」6月に国内販売開始

GoProは、昨年10月に米国で発売した折りたためる小型ドローン「Karma」を、日本国内の一部のGoPro正規販売店で2017年6月から発売予定と発表した。価格は15万8千円(税抜き)。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。


セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコムが自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用した 「巡回監視サービス」の実証実験を実施

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を使った新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、このたび山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施する。