「ジャパン・ドローン2017」 世界からドローンのスペシャリストが集結 基調講演、特別講演、有料セミナースピーカー決定

「ジャパン・ドローン2017」 世界からドローンのスペシャリストが集結 基調講演、特別講演、有料セミナースピーカー決定

世界から100を超えるドローンメーカーや関連企業が集結。基調講演、特別講演、有料セミナースピーカー決定した。


ジャパン・ドローン 2017 / Japan Drone 2017

http://japan-drone.com/index.html

日本で初めての本格的な民間ドローン専門展示会&コンファレンスの単独イベント、Japan Drone 2017。キーワードは「日本発。世界発。」イベントの進行状況にしたがってトピックスを適時に表示します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     世界から100を超えるドローンメーカーや関連企業が集結     
 国内外のドローン市場を把握できる日本最大級のコンファレンスと国際展示会 

            「ジャパン・ドローン2017」            
       基調講演、特別講演、有料セミナースピーカー決定       
         世界からドローンのスペシャリストが集結       
  
    会期:2017年3月23日(木)〜25日(土) 会場:幕張メッセ    

出展100社・団体を超える展示会に加え、ドローンの現状・市場・未来を知ることができる
         コンファレンスプログラムを全17講演予定        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパン・ドローン2017の主催者、(一社)日本UAS産業振興協議会、(株)コングレ
ならびに(株)スペースメディアジャパンは、民生用・商業用ドローン
(無人航空機システム)産業に特化した国際展示会「ジャパン・ドローン 2017
- Expo for Commercial UAS market -」で開催される国際コンファレンスの各講演
(基調講演、特別講演)内容と講演者および有料コンファレンスの内容が
以下のように決定した。

 今年2回目の開催となる「ジャパン・ドローン2017」では、現在のドローン産業界をリードする講師を、昨年に引き続き世界各国から招聘する。
 ロボティクス分野と無人航空機テクノロジー分野では世界の第一人者と言われるデンバー大学のK・バラバニス博士、米国・インテルコーポレーションのアニール・ナンデュリ副社長、アメリカ航空宇宙局(NASA)で無人航空機の航空管制プロジェクトの統括責任者を担当するP・コパーデカー博士をはじめ、世界のドローンシーンをリードする講師による基調講演をはじめ、ジャパン・ドローンでしか経験できない内容を用意する。
 ドローンをとりまく国内外市場動向や状況をより詳細な面から研究・俯瞰できる有料セッションを多数ご用意し、皆様のニーズに合わせて分野別にコンテンツをそろえた。

コンファレンスは基調講演(無料講演)、特別講演(無料講演)、ドローン・イノベーションセミナー(有料講演)という3カテゴリに分かれ、メーカーはもとより、今後ドローンを使った商用利用の新規ビジネス参入などお考えている人まで、幅広い分野の方々の要望に応えるプログラム構成となっている。

【3月23日(木)基調講演(無料講演・日英同時通訳付き)】

■11:00-11:15 「ウエルカムスピーチ」
スピーカー:鈴木 真二氏(一般社団法人日本UAS産業振興協会理事長)

■11:15-11:45 「無人航空システム:空域における自律化と統合を実現するドローンの設計とは?」
スピーカー:K・バラバニス博士(デンバー大学教授)

■11:45-12:15 「インテルが目指すドローンテクノロジーの未来(仮)」
スピーカー:アニール・ナンデュリ氏(米国インテルコーポレーション副社長)

【3月23日(木)特別講演(聴講無料) 】

■13:00-13:30 「地方創生におけるドローンの役割と展望(仮)」
パネリスト:門脇 光浩氏(仙北市市長)
パネリスト:牧浦 土雅氏(仙北市近未来創造アドバイザー)
パネリスト:藤原 豊氏(内閣府地方創生推進事務局審議官)

■14:00-15:15 パネルセッション「ドローンは新たなビジネスのプラットフォームになれるか」
モデレーター:岩崎 覚史氏(DRONE media 編集長)
パネリスト:顔 開氏(LabRomance株式会社 CEO & Co-Founder)
パネリスト:佐藤 仁氏(大分県工業振興課 産業企画官)
パネリスト:市浦 茂氏(NVIDIA JAPAN Robotics and Industrial)

【3月23日(木)特別講演(聴講無料・日中英同時通訳付き) 】

■15:30-16:30 パネルセッション「アジアからの熱い風〜ドローン×アジア 特別編〜」
劉 俊輝(Liu Jun Hui)騰雲航空科技(深圳)有限公司 総経理
湯 志強(Tang Zhi Qiang)蒼穹科技有限公司 総経理
Hyeon C.Gong,Ph.D(元 KSLV-I (NARO) 研究開発事務局上席研究員・
AR Drone スウォーム フライト プロジェクト 代表)
モデレーター:伊藤 亜聖氏(東京大学 社会科学研究所 講師)
モデレーター:川ノ上 和文氏(一般社団法人日本ドローンレース協会〈JDRA〉理事・
       アジアドローンレース連盟〈ADRO〉秘書長)

【3月23日(木)ドローン・イノベーションセミナー(有料講演)】
【1 day Conference:18,000円/2 day Conference:33,000円 ※税込価格】

■13:00-13:45 「産業用ドローン向けバッテリーの現状と将来展開」
樋口 勇人氏(日立マクセル株式会社 エナジー事業本部 企画部副部長)

■14:00-14:45 「農業を変える!ドローン×農業の現在」
春原 久徳氏(一般社団法人セキュアドローン協議会会長)

■15:00-15:45 「災害ドローン救援隊 DRONE BIRD が目指す未来 〜クライシスマッピングが拡げる共助のチカラ〜」
古橋 大地氏(DRONE BIRD主宰)

■16:00-16:45 「近接目視・打音検査等を用いた飛行ロボットによる点検システムの研究開発」
和田 秀樹氏(新日本非破壊検査株式会社 メカトロニクス事業部次長)

【3月24日(金)基調講演(無料講演・日英同時通訳付き)】

■11:00-11:30 「米国におけるドローンの運行管理プロジェクトについて(仮)」
スピーカー:パリマル・コパーデカー博士(アメリカ航空宇宙局(NASA)/エイムズ・リサーチセンター
シニアテクノロジスト)

■11:30-11:45 「DJIが目指すドローンビジネスの将来像(仮)」
スピーカー:呉 韜氏(DJI JAPAN株式会社 代表取締役社長)

【3月24日(金)特別講演(無料講演・日英同時通訳付き)】

■12:30-13:30 日中韓ドローンシンポジウム「ドローン東京宣言」(仮)
モデレーター:鈴木 真二氏(一社)日本UAS産業振興協議会 理事長
パネリスト:楊 金才氏(シンセンUAV産業協会会長)
パネリスト:カン・ミン・パク(韓国ドローン協会会長)
パネリスト:千田 泰弘 (一社)日本UAS産業振興協議会 副理事長

■14:00-15:15 パネルセッション「空の産業革命を握るUTMの動向について」
モデレーター:鈴木 真二氏(一般社団法人日本UAS産業振興協会理事長)
パネリスト:中村 裕子氏(東京大学 総括プロジェクト機構特任助教)
パネリスト:原田 賢哉氏(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
      航空技術部門 航空技術実証研究開発ユニット 無人機技術研究グループ)
パネリスト:パリマル・コパーデカー博士(アメリカ航空宇宙局(NASA)/エイムズ・リサーチセンター
      シニアテクノロジスト)

■15:00-16:15 パネルセッション「世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル」
モデレーター:熊田 貴之氏(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長)
パネリスト:タイラー・コリンズ氏(プレシジョン・ホーク副社長<米国>)
パネリスト:ベンジャミン・ベンハロシュ氏(デルエア・テック共同創設者<フランス>)
パネリスト:ジェームズ・ジアング氏(シンセンJTTテクノロジーズ〈中国〉)

【3月24日(金)ドローン・イノベーションセミナー(有料講演)】
【1 day Conference:18,000円/2 day Conference:33,000円 ※税込価格】

■13:00-13:45 「ドローンソフトウェアにおける現状と明日」
春原 久徳氏(一般社団法人セキュアドローン協議会会長)

■14:00-14:45 「土木測量事業と、基盤としての運行管理システム 〜世界市場に向けて〜」
徳重 徹氏(テラドローン株式会社 代表取締役社長)

■15:00-15:45 「米商業ドローンのホット・トレンドとビジネスモデルの将来」
小池 良次氏(アエリアル・イノベーション 最高経営責任者)
フレッド・ボーダ氏(アエリアル・イノベーション 最高執行責任者)

■16:00-16:45 「深圳最前線:ドローンシティーを牽引する航空産業とドローンの未来」
朱 慶峰氏(深圳航空業協会 会長)
川ノ上 和文氏(一般社団法人日本ドローンレース協会〈JDRA〉理事・アジアドローンレース連盟〈ADRO〉秘書長)

※2017年2月末日現在の内容となります。掲載内容及び講演者は変更となる場合がございます。
(講演者名敬称略)
※詳細に関しましてはジャパン・ドローン公式サイトをご覧ください。
http://japan-drone.com/conference/index.html

●その他ジャパン・ドローン2017開催予定のイベント

■出展者ワークショップ ■フライトショーケース ■Best of Japan Drone 2017 Award
■ドローンムービーコンテスト2017 ■Drone Impact Challenge 2017 @幕張メッセ
■ドローンビジネスチャレンジ
詳細に関しましては下記URLをご覧ください。
http://japan-drone.com/event/

         
<ジャパン・ドローン 2017に関するお問い合わせ先>
Japan Drone 運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル2F (株) スペースメディアジャパン内
TEL:03-3512-5672 FAX:03-3512-5680 E-mail:japan-drone@smj.co.jp

この記事のライター

関連するキーワード


ジャパン・ドローン2017

最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。