【慶大×田村市:ドローン日記】「すっかりはまってアマチュア無線4級取得」

【慶大×田村市:ドローン日記】「すっかりはまってアマチュア無線4級取得」

船引高校の吉田和正です。いつもドローン日記を書いている新一先輩が卒業式に向けて送辞を書いている最中なので、今回は私が書くことになりました。


空撮用機材でも、音と速さに圧倒

 私が高校のドローン特別講習会に応募したのは、以前からドローンで撮影された映像を動画投稿サイトユーチューブ(YouTube)で見ていて、興味をもっていたためです。ドローン講習会では基礎的な操作方法を学んだあと、それを応用するために3つのコースが設けられることになり、私はその中でドローンレースのコースを選択しました。そこで、今回の日記は、新一先輩の空撮班とは違った立場から書いてみます。
 先日の講習会では、新一先輩が前回の日記で書いていた練習とは別に、ドローンを初めて体育館から屋外に出て飛ばしました。そのとき使ったのはレース用のドローンではなく空撮用の機材で、慶應大学のドローンチームで活躍する大学生の方に操縦の手本を見せてもらいました。空撮用なのですが、かなりの速度で飛び回り、その速さと音に圧倒されてしまいました。しかし、手本を見せてくれた大学生の方に、レース用のドローンの速さはこれの比ではないと説明され唖然としました。正直なところ、そのときは自分にも操作ができるのか心配になりました。
 講習会ではその後、体育館に戻り、練習用のドローンを使って男女にわかれてレース対決をすることになり、速さを競いました。そのときは、勝負としては何とか勝つことができたのですが、ふらふらとおぼつかない飛び方になってしまい、まだまだ未熟であると感じました。ドローンの操作はまだ難しく、悪戦苦闘しています。レース用のドローンはさらに操作が難しくなるので、今まで以上に練習を重ねて操れるようになりたいです。
 以前はドローンに対する関心は「興味がある」といった程度でしたが、講習会でドローンに触れているうちに、今ではすっかりドローンにはまってしまっています。ドローンのためにアマチュア無線4級も取得しました。今はとにかく自分の腕を磨いて、少しでも操作をうまくできるようになりたいです。そして、レースに出場してみたいと思っています。
(福島県立船引高等学校 1年 吉田和正)

この記事のライター

関連する投稿


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

 福島県田村市は11日、田村市消防団向けのドローン講習会を開いた。ドローン操作技術を自前で身に着け、いざというときに操作できる技術を身に着けておくことが目的。田村市とドローン連携を結んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長が講師を務めた。


最新の投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

かずら橋は国指定重要有形民俗文化財です。


大山千枚田を空撮

大山千枚田を空撮

千葉県にある棚田・大山千枚田


テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

~愛媛県の原子力防災訓練で利用、ドローンによる避難経路の被災状況の確認に成功~