コラム・インタビュー


コラム・インタビューの記事一覧

AirMapベン・マーカスCEOインタビュー 「ドローン普及には恩恵の実感が大事」

AirMapベン・マーカスCEOインタビュー 「ドローン普及には恩恵の実感が大事」

空域管理ソリューションを手掛ける米AirMap(カリフォルニア州)のベン・マーカス共同創業者CEOは7日、ドローンタイムズのインタビューに応じ、楽天と3月に設立した合弁会社、楽天AirMap株式会社(東京)が提供していくサービスを通じて、より多くの日本人がドローンの価値を実感できることに自信を示した。


【ドローン女子】ササモモがジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボスで入賞顛末記

【ドローン女子】ササモモがジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボスで入賞顛末記

ドローン女子のササモモがドローンの空撮コンテストに参加し、日本テレビの朝の番組「スッキリ!!」の取材を受けました。


スマホケース×ドローン「SELFLY Camera」が話題

スマホケース×ドローン「SELFLY Camera」が話題

自撮りをしたくなったら、懐からドローン。こうした光景は数年後には当たり前になっているかもしれない。


ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

「オープンストリートマップ」に取り組んでいる古橋大地青山学院大学教授による、インタビュー記事をご紹介。


東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(1)

東大発のベンチャー企業が目指すドローン向けの人工知能(1)

2015年12月に設立された本郷飛行機株式会社。同社は、東京大学の大学院を卒業した代表取締役の金田賢哉氏と、今年の春に航空宇宙工学専攻(知能工学研究室)博士課程を卒業する予定の此村 領氏が立ち上げたベンチャー企業。ドローンなどのロボットの開発、ロボットの知能化、及びコンサルティングを主力事業にしている。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(3) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(3) =小宮光裕氏の世界=

プロフェッショナル向けの空撮用ドローンの飛行を行う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」で知り合った小関氏と、オリジナルのVTOL機を開発する夢を追っている。その展望を聞いた。


NBAスラムダンクコンテストで妙技『ドローン』を披露 会場沸騰!

NBAスラムダンクコンテストで妙技『ドローン』を披露 会場沸騰!

独創的なアイデアで会場を沸かせたDJとドローン


FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

FPV映像に見る圧巻の超高速ドローンレース動画

世界で今最も熱い最新スポーツが「FPVドローンレース」。FPVとは主観映像(First-Person View)の略。つまりドローンに搭載されたカメラの映像を見ながらドローンを操作してレースをするんです!


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。


注目されるドローンスクール 資格を取ればビジネスに有利か!?

注目されるドローンスクール 資格を取ればビジネスに有利か!?

『ドローンスクール』に注目集まる 資格を取ればビジネスに有利か


BCNフォーラムでソフトバンク C&Sが空の産業革命として注目のドローン現状と課題、今後の展開を紹介

BCNフォーラムでソフトバンク C&Sが空の産業革命として注目のドローン現状と課題、今後の展開を紹介

「BCNフォーラム」のセッションでは、ソフトバンク C&SのICT事業本部MD本部ドローン&ロボティクスマーケティング室の湯浅昭吾氏が、産業用ドローンの現状と課題、今後の展開について講演。


エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

 「BCNフォーラム」のセッションで、エナジー・ソリューションズの森上寿生社長が登壇して「ドローン&クラウドを活用したソーラーモジュール赤外線検査サービス」と題して講演。ドローンを用いたビジネスの実例という観点から、同社が提供するサービス「DroneEye(ドローンアイ)」を紹介した。


ウワサの「DRONE RACER」のイベント開催! 練習の必要ナシは本当か!?

ウワサの「DRONE RACER」のイベント開催! 練習の必要ナシは本当か!?

  京商が発売したホビードローン「DRONE RACER」を楽しむレースイベント「KYOSHO DRONE RACER RACE in SPLASH」が2月4日、横浜市の「ドローン・サーキットSPLASH横浜ベース」で行われた。そのレビューが公開されている。


航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(3)

航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(3)

ドローンのオープン・ソフトウェア ArduPilot(アルデュ・パイロット)と、そのトップクラスの開発者であるRandy Mackay(ランディ・マッカイ)氏と出会い、独立を決意した小関賢次氏は、独自のドローン開発にも挑んでいる。最後は、その取り組みと展望について聞いた。(田中亘)


航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(2)

航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(2)

「瀬戸内かもめプロジェクト」を体験してドローンに魅了された小関賢次氏は、完全な自動管制システムの開発を目指して、ドローンを制御するテクノロジの研究を始め、ArduPilot(アルデュ・パイロット)と出会い、オープンシステムに惹かれていく。(田中亘)


航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(1)

航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(1)

ドローンのオープン・ソフトウェアArduPilot(アルデュ・パイロット)の普及を目的に設立されるAPTJ(ArduPilotTeamJapan)で、プロジェクトの運営をマネジメントする小関賢次氏に、その経歴とオープンシステムの魅力について聞いた。(田中亘)


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(3)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(3)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)のドローンSPIDER(スパイダー)は、熊本地震や広島で発生した降雨災害などの現場で、空撮やレーザー測量により詳細な被害状況の把握に貢献している。また精密農業にも取り組んでいる。(田中亘)


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチの高性能ドローン(2)

「第7回ロボット大賞」を受賞したルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)は、機体の開発から高精度な測量飛行に、計測データの可視化までを一気通貫で提供することで、設立から右肩上がりの成長を続けている。その経緯を渡辺氏に聞いた。(田中亘)


ロボット大賞を受賞したルーチェサーチ社の高性能ドローン(1)

ロボット大賞を受賞したルーチェサーチ社の高性能ドローン(1)

2016年10月に「第7回ロボット大賞」が発表された。その中で、国土交通大臣賞を受賞したのが、ルーチェサーチ株式会社(本社:広島、代表:渡辺豊)のドローンSPIDER(スパイダー)を用いた高精度地形解析による災害調査技術。国内初となる3次元レーザー測量を実現した同社のドローン技術と受賞のポイントを聞く。