最新の投稿


OFF Line 社と千葉県柏市が徘徊者早期発見訓練で「自立飛行ドローン検知」を実証実験

OFF Line 社と千葉県柏市が徘徊者早期発見訓練で「自立飛行ドローン検知」を実証実験

11月20日。「みまもりビーコン」サービスを開発し提供する OFF Line 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石塚孝一)は、千葉県柏市保険福祉部福祉活動推進課の「かしわオレンジ SOS ネットワーク訓練」に参加し、「みまもりビーコン」・「ドローン検知」サービスについてのデモンストレーションを行った。


DJI製ドローン「Phantom 4」に標準添付される 賠償責任保険の補償額を最大4億円に増額

DJI製ドローン「Phantom 4」に標準添付される 賠償責任保険の補償額を最大4億円に増額

 ソフトバンク コマース&サービス株式会社(東京都港区)は、 DJI製ドローン「Phantom 4」に標準添付される賠償責任保険の補償額を2016年11月21日出荷分より増額した。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 10・愛機、巨大湖に立ち向かう

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 10・愛機、巨大湖に立ち向かう

報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


千葉市でLTEを活用したドローン宅配の実証実験〜楽天、ACSL、ドコモ

千葉市でLTEを活用したドローン宅配の実証実験〜楽天、ACSL、ドコモ

22日、楽天株式会社、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)、株式会社NTTドコモは、国家戦略特区である千葉市の稲毛浜と周辺海上で通信回線LTEを活用したドローン宅配の実証実験を行った。世田谷の楽天本社からLTEネットワークによって遠隔操作されたドローンは700m離れた稲毛海浜公園プールに荷物を配送した。(田中亘)


暗い夜道もドローンの空中浮遊ライト「Fleetlights」で安全〜イギリスで試作中

暗い夜道もドローンの空中浮遊ライト「Fleetlights」で安全〜イギリスで試作中

英保険会社ダイレクトライン(Direct Line)は、ドローンを活用したオンデマンド型の空中浮遊ライトシステム「Fleetlights(フリートライツ)」を試作し、イングランド南部のペットワース(Petworth)で実証テストを行った。


「Japan Drone 2016」審査員特別賞受賞作品「INSPIRE」

「Japan Drone 2016」審査員特別賞受賞作品「INSPIRE」

クレセントエルデザイン代表渡辺秋男氏による作品「INSPIRE」。今年3月に行われたドローンによる空撮動画のコンテスト「Japan Drone 2016」で、審査員特別賞を受賞した。


米GoPro、全数リコールのドローン「Karma」返却するとHERO5 Blackアクションカメラを提供

米GoPro、全数リコールのドローン「Karma」返却するとHERO5 Blackアクションカメラを提供

米GoProが、販売済みだった2500台全数のリコールを実施しているKarmaドローンについて、返却に応じた米国ユーザーに対しアクションカメラ製品GoPro HERO 5 Blackを提供すると発表しました。


テラドローンが「空の道構築」〜ドローンの運行管理サービスを提供開始

テラドローンが「空の道構築」〜ドローンの運行管理サービスを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)はドローンの運行管理システムであるUTM(UAV Traffic Management)事業の開始を発表致した。 それに伴い UTM業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)への約5億円の資本投入をい戦略的パートナーシップを締結する。


小型レーダー「MESA」が空飛ぶタクシーや配達ドローンを実現、米企業が開発

小型レーダー「MESA」が空飛ぶタクシーや配達ドローンを実現、米企業が開発

最近ますます活動範囲を広げるドローンにくわえ、都市間交通の担い手としての「空飛ぶタクシー」にも注目が集まっています。まだ実機は作成されていませんが、Uberやエアバス、それにグーグルの創業者も同分野への参加に手を上げているのです。


「空飛ぶハンモック」の動画(YouTube)

「空飛ぶハンモック」の動画(YouTube)

全自動飛行可能でパイロット不要の1人乗りドローンなど、さまざまなタイプのドローンが開発されていますが、新たに、ドローンを使って作った「空飛ぶハンモック」のムービーがYouTubeで公開されています。


「AirSelfie」 スマートフォンケースに収納できる自撮り専用超小型ドローン

「AirSelfie」 スマートフォンケースに収納できる自撮り専用超小型ドローン

専用のスマートフォンケースに収納できる自撮りに特化した小型ドローン「AirSelfie」がクラウドファンディングサイト Kickstarter のキャンペーンとして発売されました。


DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

DJI初の自律飛行ドローン、あきる野市の防災訓練で救援物資を空輸実験

11月20日、あきる野市立五日市小学校(東京都)の校庭で、あきる野市が防災訓練を開催した。この訓練の中で、DJI Japanは開発中の自律飛行ドローンを使った救援物資の空輸実証実験を行なった。(田中亘)


オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(3)

オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(3)

11月11日、軽井沢風越公園(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催されたAPTJ(ArduPilot Team Japa)発表会において、ランディ・マッカイ氏が最新の機能をデモフライトを交えて披露した。今回はその中から、多角形のジオフェンスによる飛行空域の制限を紹介する。


【紅葉の日光を空撮】絶景ドローン4K映像 Autum Leaves

【紅葉の日光を空撮】絶景ドローン4K映像 Autum Leaves

【紅葉の日光空撮】 動画の場所・中禅寺湖・いろは坂・霧降高原・戦場ヶ原・歌舞伎町・湾岸トンネル・観覧車は木更津アウトレット近辺 / Autum Leaves Nikko japan by Drone


DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

DJIの最新フライングカメラ2機種「Inspire 2」と「Phantom 4 Pro」に見る空撮映像の進化

千葉県の幕張メッセで開催された国際メディア総合展示会Inter BEEの会場で、空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI Japan社はInspire 2とPhantom 4 Proの発表会を開催した。(田中亘)


オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(2)

オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(2)

11月11日、軽井沢風越公園(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催されたAPTJ(ArduPilot Team Japa)発表会において、ランディ・マッカイ氏が最新の機能をデモフライトを交えて披露した。今回はその中から、特定の地点に正確に着陸する機能を紹介する。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 9・夜明け前の出撃

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 9・夜明け前の出撃

報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


Drone Movie Contest 2016 グランプリ「My Field, Tokyo Bay」渡邉秋男さんの作品

Drone Movie Contest 2016 グランプリ「My Field, Tokyo Bay」渡邉秋男さんの作品

DroneAgent参画パイロット、渡邉秋男氏によるドローンムービーコンテスト2016 優勝作品。東京の海を知り尽くした、マリーナスタッフでフォトグラファーが案内する海から見た東京の風景。


オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(1)

オープンソースのフライトコントローラArduPilot(アルジュパイロット)新着情報(1)

11月11日、軽井沢風越公園(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催されたAPTJ(ArduPilot Team Japa)発表会において、ランディ・マッカイ氏が最新の機能をデモフライトを交えて披露した。今回はその中から、障害物を検知して機体を静止させる機能を紹介する。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 8・眼下の輝く川面に感動

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 8・眼下の輝く川面に感動

報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。