最新の投稿


厳冬の富士山を4Kドローンで空撮

厳冬の富士山を4Kドローンで空撮

4Kドローンによる、富士山の「雪と地上の境界線」の空撮ムービー。


米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

米アマゾン、ドローンの音声操作特許を取得 やかんの沸騰を確認し、迷子も捜索

 米国時間の2016年10月18日。米アマゾンは、US 9,471,095 B1というパテント番号の特許を取得した。この特許は、小型のUAVを音声で操作するもの。その特許申請書に書かれた内容から、アマゾンが描く未来の小型ドローンを探る。(田中亘)


ドローンビジネスをクラウド技術で支援 アイネットがトライポッドワークスと共同で

ドローンビジネスをクラウド技術で支援 アイネットがトライポッドワークスと共同で

 情報処理システムやシステム開発を手掛けクラウド技術に強みを持つアイネット(横浜市)は、自社データセンターを活用し、企業向けセキュリティーソリューション開発やITコンサルティングを手掛けるトライポッドワークス(仙台市)と共同で、ドローン専用のコントロールセンターを設置し、ドローンビジネス支援に乗り出す。


ファナティック、観光プロモーション動画制作の「ドローン空撮サービス」提供開始

ファナティック、観光プロモーション動画制作の「ドローン空撮サービス」提供開始

ファナティックのドローン事業部は、旅行者観光プロモーション動画制作のための「ドローン空撮サービス」を10月より提供を開始した。観光スポットを紹介する自治体や、旅館・ホテルなどが対象になっているようだ。


NEXCO中日本、ドローンを活用した構造物点検の実証実験を公開

NEXCO中日本、ドローンを活用した構造物点検の実証実験を公開

 NEXCO中日本(中日本高速道路)は、ドローン(マルチコプター)を活用した構造物点検の実証実験の様子を報道陣向けに公開した。


アジア初「イカルスドローン国際映画祭」で1479本が出品

アジア初「イカルスドローン国際映画祭」で1479本が出品

 第1回イカルス(ICARUS)ドローン国際映画祭およびフェスティバルが、10月21日からソウルで始まった。101カ国から参加、1479作品が出品されている。


モジュールを組み合わせればドローン 「Airblock」が出資募集中

モジュールを組み合わせればドローン 「Airblock」が出資募集中

 部品のはいったブロック風のモジュールを組みあわせてドローンにも、ホバークラフトにもすることができる「Airblock」が、キックスターターでクラウドファンディングで出資を募っている。


創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (6)

創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (6)

ドローンタイムズ創刊記念セミナーの基調講演に、福島県商工労働部 ロボット産業推進室の北島 明文 室長が登壇し、 福島県ロボットテストフィールドを紹介した。(田中亘)


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 2・初空撮の巻

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 2・初空撮の巻

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


セキドが青山学院大学青山祭「21世紀の映像技術展」でドローンの講演を開催

セキドが青山学院大学青山祭「21世紀の映像技術展」でドローンの講演を開催

DJIの正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は、 2016年10月28日(金)-29日(土)の2日間、 青山学院大学青山祭で開催される「21世紀の映像技術展」で、 ドローンとカメラスタビライザーの講演を行う。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(下)

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(下)

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


フランス「ホビー用ドローン」販売台数が3倍に急増

フランス「ホビー用ドローン」販売台数が3倍に急増

フランスで、ホビー用ドローンの販売台数が前年同期の3倍以上も増加したという。


けいはんな学研都市にドローン講習認定校を開校 ビジネス運用者による講義で新たな人材を育成

けいはんな学研都市にドローン講習認定校を開校 ビジネス運用者による講義で新たな人材を育成

空力計画株式会社(所在地:奈良県奈良市、代表取締役:安藤 孝治)は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)認定の無人航空機(ドローン)の操縦士および安全運航管理者を養成するスクール『JUIDA認定 ドローントレーニングセンターけいはんな』を2016年11月27日(日)開校いたします。


Lowepro(ロープロ)からドローンを安全に持ち運ぶためのハードケースが新発売!

Lowepro(ロープロ)からドローンを安全に持ち運ぶためのハードケースが新発売!

ハクバ写真産業株式会社(本社:東京都墨田区)は、Lowepro(ロープロ)より、ドローン用の堅牢なフォームシェルケース「ドローンガード CS 200」を発売いたします。ドローンガードシリーズは、ドローン用の堅牢なフォームシェルケース。 大切な機材をしっかり保護しながら、手軽に持ち運べるよう設計されています。


最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(2)

最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(2)

農業用ドローンといえば、一般社団法人 農林水産航空協会が推進してきた農薬散布向けの産業用無人航空機としての用途が多い。その一方で、土壌調査や分析に作物の生育状況の監視など、精密農業と呼ばれる分野での活躍も期待されている。(田中亘)


虫の「羽ばたき」を次世代ドローンに応用する取り組み 劉浩・千葉大学大学院教授

虫の「羽ばたき」を次世代ドローンに応用する取り組み 劉浩・千葉大学大学院教授

 昆虫が悪天候でも飛べて、しかも、墜落しないのはなぜか。その構造や仕組みを生物規範工学として研究し、昆虫の飛行と魚の遊泳について世界初の成果をあげた劉浩・千葉大学大学院工学研究科教授が、ドローンへの応用に取り組んでいる。


ドローンが基地局の点検で時短成果! 米国で報告続々 死亡事故削減の期待も!

ドローンが基地局の点検で時短成果! 米国で報告続々 死亡事故削減の期待も!

ドローンの活動領域が広がる中、米国では災害時の携帯通信インフラ復旧、基地局点検などにドローンを使い、時間短縮などの成果が報告され、死亡事故削減への期待も高まっている。


ハロウィン向けのドローンの使い方 空に死神が・・・!

ハロウィン向けのドローンの使い方 空に死神が・・・!

 ドローンに死神デコレーションをすると、ハロウィンにぴったりのアトラクションに・・・。これは怖い。


「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」が都心にJUIDA認定ドローンスクールを開校

「田中電気株式会社」は秋葉原駅から徒歩1分という絶好のロケーションに、JUIDA認定のドローンスクールを開講し、10月17日に1回目の講習をスタートさせた。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 1(上)

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。