最新の投稿


五輪競技会場周辺 ドローン飛行原則禁止へ

五輪競技会場周辺 ドローン飛行原則禁止へ

政府は、来年のラグビーワールドカップ、2020年の東京五輪・パラリンピックの大会期間中に、懸念されている小型無人機(ドローン)によろテロ対策として、競技場周辺において原則的にドローンの飛行を禁止し、許可なく飛行させた機体を強制的に回収できる法整備をすすめる。


五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島(長崎県五島市)は、平成30年度五島市ドローンi-Landプロジェクト 海洋ゴミ調査事業業務委託 公募型プロポーザルを実施。


マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

2018年10月30日。ソフトウェア大手のマイクロソフト(米国)は、DJIが米国で開催したAirWorksと自社のブログで、アプリケーション開発用のDJI Windows SDKの公開プレビューを発表した。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

Delair(仏)が農業・林業の大規模測量に最適化された新しいUAV UX11 Agを発表

2018年11月6日-フランス、トゥルーズ。商業用UASソリューションのサプライヤであるDelair(仏)は、農業向けに最適化された新しいUASプラットフォームのDelair UX11 Agを発表した。


エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

 産業用ドローン製造のエンルート(埼玉県)は7日、オーストリアの測量機器メーカー、RIEGL製レーザースキャナ「VUX-1UAV」を搭載した新型機「LS1500R」を11月8日に発売すると発表した。機体、バッテリー、測量機材をあわせた重量は21.4㎏と25㎏未満に抑え、専用バッテリーで20分飛行可能だ。


DJI ARENA by JDRONE TOKYOがドローンによるGNSS測量術セミナーを開催

DJI ARENA by JDRONE TOKYOがドローンによるGNSS測量術セミナーを開催

2018年11月5日。株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、11月16日(金)13:00から東京都葛飾区のDJI ARENA by JDRONE TOKYOで「GNSS測量術から学ぶドローン活用セミナー」を開催すると発表した。


DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

DJIが日本でも公式にTB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意を喚起

2018年11月2日。DJIは、英国などで報告されている電力レベルの誤表示について調査中で、TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起を公式に発表した。


茨城・高萩の旧小中学校がドローン拠点に 12月にはドローンスクール開講予定

茨城・高萩の旧小中学校がドローン拠点に 12月にはドローンスクール開講予定

 1年半前まで児童・生徒の学び舎だった茨城県高萩市の旧・高萩市立君田小・中学校がドローンの拠点「高萩ユーフィールド ドローン・エンジニア・ラボラトリー」として再始動することになり、10月末に開所式が行われた。12月にはドローン操縦士の養成スクールが始まる予定で、新たな“生徒”を迎えることになる。


空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

株式会社SkyDriveは、Drone Fund 2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)より、3億円の資金調達を実施。


テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

TerraDrone株式会社は、 10月12日、愛媛県原子力防災訓練で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の下で参加し、 災害発生時に情報収集を行う有人ヘリコプターとドローンの衝突回避を目的とした実証実験の技術支援を行った。


ドイツのMicrodronesがドバイのNavmatica Middle Eastを買収

ドイツのMicrodronesがドバイのNavmatica Middle Eastを買収

2018年11月1日、アラブ首長国連邦ドバイ。Microdrones(ドイツ)は地理空間サービスプロバイダーNavmatica Middle East(ドバイ)の買収を発表した。


紅葉の日光いろは坂、空中散歩 360°パノラマ映像も

紅葉の日光いろは坂、空中散歩 360°パノラマ映像も

栃木県日光市の第2いろは坂の周辺で紅葉が見頃を迎え、赤や黄色のカエデやツツジ、ミズナラなどの木々がドライバーらの目を楽しませた。日光自然博物館は「きれいに色づいた。これからの天候にもよるが、11月初めまで楽しめそう」としている。(10月26日、ドローンから、産経新聞写真報道局 古厩正樹撮影)


スペースリンク、センチメートル級の超リアルタイム測位を可能とする測位受信機を発表、ドローンや自動運転分野などで活用へ

スペースリンク、センチメートル級の超リアルタイム測位を可能とする測位受信機を発表、ドローンや自動運転分野などで活用へ

スペースリンク株式会社は、センチメートル級の超リアルタイム測位を可能とする高性能測位受信機「3周波マルチGNSS受信機」を発表した。


国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

広島県福山市とKDDI株式会社は、東京大学、株式会社プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社と共同で、「備後フィッシュフェス」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像をVRシステムに伝送し、バーチャル飛行を体験する実証実験 を11月3日、国内で初めて実施する。


鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町(鹿児島県曽於郡大崎町、町長:東 靖弘)は、 東京で最も予約が取りにくいと言われる恵比寿の日本料理店「賛否両論」とのコラボレーションで、フルHD画質のカメラを搭載した縦横11cm程度のマイクロドローンを使った大崎町のPRムービー『僕は、 カブトムシ』を10月31日から公開した。


ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーションは、株式会社横浜八景島(神奈川県横浜市)と共同で、遊びながらプログラミ ングを学べ、最先端のロボット技術であるドローンを操作する体験型イベントを横浜・八景島シーパラダイスで11月に開催。


テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

鉱業ソリューションに特化した南アフリカ支社設立。


AirMapがクラウドプラットフォームに  Microsoft Azureを採用

AirMapがクラウドプラットフォームに Microsoft Azureを採用

2018年10月30日。ドローンの空域管理プラットフォームを提供するAirMap(カリフォルニア州サンタモニカ)は、ドローン向けトラフィック管理プラットフォームに、Microsoft(ワシントン州シアトル)のクラウドサービスAzureを採用したと発表した。


JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は31日、「認定スクールフェスタ2018」を開催し、2019年にドローン操縦の技能に応じて級が授与される「技能テスト」を導入すると発表した。7歳から16歳未満の若年層向けには「UASジュニアパイロット」も設定し、今後、ドローン人口拡大に取り組みを本格化させる。